ネット

ボール高速発射キャベツ破裂

「NIT Physics Lab.」という、日本工業大学関連のところが行った実験とのこと.

Hyper speed tennis ballというタイトルで、時速250km/Hrから始まって、500、最終700km/Hrまで加速暴走する.

うーむ、これはおもしろすぎる.


でもトッププロの210km/Hr.くらいでもキャベツふっとばすくらいはできそう.
むろん、155mile/Hr(248km/Hr)のレコードをもつ、アンディ・ロディックなら同程度の破壊力ってことになる.

ダブルスで後衛のサーブが頭に当たらないことを祈るばかりだ.

...700km/Hr.でもテニスボール自体は大丈夫なんだなぁ...驚き.

Hyper Speed Tenis Ball

----
リンク
GIZMODE

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体感型ゲームでダイエット

結論から言おう.

体感型ゲームでダイエットはできない.

わー、すげー、新事実!

。。。って、そんなこと、小学生でも知ってると思うぞ.
ニュースになるのか、それ?

◇体感型ゲームより本物の運動を=子供のエネルギー消費量を調査-英大学チーム@時事通信 12月30日

テニスやボクシングなどの体感型テレビゲームのエネルギー消費量は、従来型ゲームの約1.5倍だが、本物のスポーツに比べると大幅に低いことが分かった。英リバプール・ジョン・ムーアズ大の研究チームが、十歳代前半の子供を対象に実験を行い、30日までに英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表した。
 子供が家でテレビやゲームでばかり遊び、肥満要因となっているのは先進国共通の現象。研究チームは、体感型ゲームは本物のスポーツの代わりにならず、毎日1時間は活発な運動をした方がよいと勧めている。
当たり前です.

体感ゲームで普通の運動並みにカロリー消費してしまうと、ゲームの意味が無い.


Wiitennis04
平均エネルギー消費量(体重1キロ・1分間当たり、単位キロカロリー)は、
じっとしているときの19に対し、レースが30、ボウリングが46、テニスが48、ボクシングが47だった、とのこと.

計測時間が15分とやけに短いのが気になる.
おまけに、実験サンプル数は13-15歳の男子6人+女子5人、たったの11人かいっ?

それはデータとして、あまにりも少なすぎる.
いったい何がしたいというのか..


ちなみに、100kカロリーを消費するのに必要な時間
(実際の)テニス 10分前後
(実際の)ウォーキング(速歩) 25分前後

UKの実験データからすれば、任天堂「Wii」のテニスで10分ならだいたい30kカロリー.
実際のテニスの約1/3.

脂肪を1kg減らすには、なんと7200kcalのマイナスが必要だというので、「Wii」のテニスで、1kg減らそうと思うと、ゲーム240時間くらいすればいいですね.

Wiit


毎日8時間で約1ヶ月.

こりゃ、歩いたほうが早いや。。ってオチ.

WiiSports:
メーカー希望小売価格:¥4,800 発売日:2006年12月 2日 

-----
リンク

体感型ゲームより本物の運動を=子供のエネルギー消費量を調査-英大学チーム@時事通信 12月30日

運動と消費エネルギーの目安@げんき食卓

賢くカロリーコントロール@ダイエットオンライン

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

威力棒(ウェイリーバン)Vii

やはり、とういうかWiiのコピー商品が中国で登場.
とことんコピー商売である.

◇「Wii」そっくりのゲーム 中国で発売@サーチナ・中国情報局 12月12日

日本で話題沸騰の任天堂「Wii」と類似したゲーム機がこのほど中国で発売された。テレビ通販会社のLetVGOが販売しており、その名も「威力棒(ウェイリーバン) Vii」。「Wii」と同様にリモコンを使ってプレイする体感式ゲームだ。

紹介ビデオを見てみると、さすがはコピーの本場、まさに間違えそうなデザインとネーミング.

それも、知らない人が見たら.

「Wii」の半額程度で、同じようなコントローラーと操作みたいだ.
あとはゲーム画面が、軽く2世代くらい遅れているのだが.

ゲームしてたらイライラして、TV画面にコントローラーぶつけるかも.
PSPを画面に映したほうが高性能な気がする.

思えば、数年前の玩具レベルだとこんなもんだった気がする.
卓球ゲームとか、野球ゲームとか、数千円の筐体でTVに繋げるやつ.

考えてみれば、「Wii」だって、こういうアイデアを洗練して、さも新しい革新的なゲームのように見せているわけだ.
ただ微妙な部分の操作の違いと表現が、付け焼刃ではどうしようもなく、長年の経験と見せ方の違いになってくるのだろう.
、、、となれば、実況ぱパワプロのシナリオのように、最近盛り上がった試合とかゲームを再現して、その名場面を自分でシミュレートしていくシリーズが出たら売れるのだろうな、という気がする.

ネットでデータ配信できるのだから、近い将来には「今月の名スポーツシーンを再現ゲーム」なんてのも出るかも.


-----
リンク

「Wii」そっくりのゲーム 中国で発売@サーチナ・中国情報局 12月12日

中国のWiiのパチモン。「威力棒 Vii」の動画@情報屋さん

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムその2

やれやれ、ようやくPSPのゲーム『ガンダムバトルクロニクル』で全機体ゲット.

最後がZplusC1でした.

νガンダムとサザビーに何度煮え湯をのまされたことか。。

攻略サイトのリンクを載せて、久々に明日あたりからテニスの情報収集に復帰したいと思います.

GundamBattleChronicle @ wiki
隠しステージのパスワードから攻略まで.

Yahoo!ゲーム - ガンダムバトルクロニクル - 交流・攻略掲示板
ランダムな掲示板で、欲しい情報までなかなかたどり着けない.

【PSP】ガンダムバトルクロニクル撃墜57機目@2ちゃんねる
いろいろネタが豊富.

機体の入手法の完全版
いや、完全じゃないです.


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダムバトルクロニクル

ずいぶん長いこと、間が開いてしまった.

この更新が滞っていた理由はいろいろあげられるが、最大の理由がこれ.
PSPのゲーム『ガンダムバトルクロニクル』.

これがおもしろい.

ファミ通.comの紹介リンク

何でもガンダムバトルシリーズの3作目、らしいがこれしかワタシは知らない.
おそらくかこ2作の感想をくみ上げる形で最終的な完成形に近いのではないだろうか.

モビルスーツ、モビルアーマーも実に動く動く.
それもガンプラ世代直撃の渋いMSVなんかも隠し機体で登場するので、これがやめられん.

現在は7陣営すべてをクリアして、隠しステージもすべて『アッガイ谷』含めて出現.
隠し機体は出現条件がじゃまくさいゲルググMSVシリーズにてこずったものの、最後のゲルググAGまで昨日ゲット.

残るはZplus-Cのあとの2機体.
いったい出現条件が何なのか。。。

まだまだ終わらないらしい。


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニワトリ対ハムスター動画

ネタがないときのYOUTUBE.

そろそろトッププロのシーズンオフも先が見えてきたしね.
今日は軽く、テニスのCGアニメでも見てみよう.

#1

大御所ピクサーの手がけたコマーシャル短編.
携帯電話はいかに楽しさを伝えるのか、一瞬で楽しさも伝えます.
..笑うとこが微妙..キャラは一級、動きもすばらしい、オチがイマイチだが..

#2

ハムスターがノリノリでスポーツにチャレンジ.
とっとこハムたろうではありませぬ.
あれ?スターウォーズ混じってらぁ.

#3

恐竜もテニスにチャレンジ.
ボールは、もしかしてブタ一頭丸ごと入ってますか?

#4

正統派のアニメーション.
音楽に合わせて動くボール.実にみごとな傑作アニメ.


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケーションフリー@TV

前から非常に欲しかった、SONYのロケーションフリー(以下ロケフリ)をプレイステーションポータブル(以下PSP)と時間差で購入した.

ロケフリってどんなもんかと言えば、TVやHDVDやCSなんかの画像をそのまま家庭内無線LANで飛ばしてしまえ!というもの.
リビングにある動画アーカイブをまとめて別室のPCやPSPなんかで見られてしまうという超・優れもの.
ネットに繋げば外出先や海外でも自宅の画像アーカイブを見られるという、ぶっとんだ離れ業も持つ.

Image1q
画像を圧縮して無線LANに乗せるので、若干の劣化とタイムラグがあるものの、まぁほとんど気にならないレベル.
うちではHDVDの出力とTV線の生線を分岐させてロケフリに接続している.
HDVDにはCS出力とBSチューナー出力を接続しているので、チャンネルを替えておけばこちらもPCなりPSPなりで見ることができる.

このロケフリの良さって、多分、独身や子供なし夫婦だとあまりありがたみが無いのかもしれない.
いつでも24時間自分にTVのチャンネル権があり、好きなときにリビングでTV見られる環境であるなら、まったく必要なものではない.

しかーし!!

子供が居て、自宅リビングにTVが1台という環境ではそうはいかない.
録画した番組を見ることが、ほっとんど出来ないのだ.

自分が家に居るときは、TVは子供向け番組や嫁さん向けのドラマがかかっているのだ.
テニスの中継も、モータースポーツの番組も、海外ドキュメンタリーも、手に汗握るアニメも、いっくらCSから録画しておいても、どんどん溜まる一方で、ほとんど見ることが出来ない.

女房子供が寝静まった夜中に、ネットの合間に見るしかないのか現状なのだ.

それが....

ロケフリとPSPがあればすべて問題解消.
リビングのTVが使われていようがまったく問題ない.

いつでもどこでも撮りためた好きな番組を見られる.
ワンセグはしょうもないリアルタイムの民放番組だけしか見られないのだがら、この差はでかい.

なーんて偉大な発明なんだ!!

-----
リンク

ロケフリ

PSP

ロケーションフリープレイヤーPC用(LFA-PC2)
画質体験ページ
マジでこんな感じで見られます/

★ロケーションフリーベースステーション
“PSP”がワイヤレステレビに変身?!無線LAN環境さえあれば、自宅のテレビやDVDレコーダーの映像をいろいろな場所で見られるように。
より高画質な画像を送受信できる新モデルLF-PK20が登場!

いずれもSONY.


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動アップデイトはこっそりと?

ここ数日の間、風邪気味というか妙にセキが出たのでBlogの更新を含むネットをお休みでしていた.
USオープンもほとんど情報の無いまま一週目が終わり、気がついたら日曜日.

久々にVAIO-Lを立ち上げて見たらば、プログラムの自動アップデイトが走るはしる...いつまでたっても操作できないし、気がついたら、勝手にシャットダウンに入ってるし.

どうやらシステムの再起動が必要です、ってのが混じっていたらしい.
この執拗な自動アップデイトって、なんか「わたしは仕事一生懸命してますよっ」って感じが、うざったい.

そんなにアピールせんでいいから、こっそりと起動して小一時間でもたったあたりでスクリーンセーバーの代わりにでも動いて、分からんようにしてよっ、て言いたくなる.

Windown,ウイルスバスター,VAIO,さらにSleipnirまで...わずか数日ネットにつながないだけで、次から次にアップデイトせんでもいいだろ.

常時接続の光ネットとはいえ、電気代もかかるしPC立ち上げっぱなしとはいかない.


自動アップデイト、こっそりと分からんように作動するのを、強く希望する次第.

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまココログメンテ中

ココログが2日間の長期メンテに入っているため、記事の更新ができません.

詳細はこちら

2007.07.05
7/24 ココログベーシック/プラス/プロ メンテナンスのお知らせココログベーシック/プラス/プロにつきまして、バージョンアップを目的としたメンテナンスを2007年7月24日(火)21時から、翌7月25日(水)15時までの18時間で実施いたします。
記事閲覧は可能ですが、新規記事作成はもちろんのこと、トラックバック/コメントの受けつけもできません.

では.


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blog見たまま編集

Blogをワープロソフトのように見たまま編集できるというソフトがあるというので導入してみた.

ソフトの名前は「Windows Live Writer」日本語β版.

表なんかも入っちゃうらしい.

こんな こんな
どうかな? できてる?

 

まぁ今日のところはお試しで.

 

----
リンク

Windows Live Writer Beta

 ブログを簡単に編集 いつでも投稿

人気blogランキング(テニス)

ball

Redline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)
お気に入り登録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧