« 帰国・Blog再開 | トップページ | 錦織テニプリ読んだことは? »

ヤンコビッチもモデルへ

しっかし、みんな足が長いですね.

◇エレナ・ヤンコビッチらテニス選手がファッションショーのモデルで登場@B.B.News.3月16日

テニス、パシフィック・ライフ・オープン2008(Pacific Life Open 2008)が開催されているインディアンウェルズテニスガーデン(Indian Wells Tennis Garden)で15日、ファッション・デザイナー、トリーナ・ターク(Trina Turk)のファッションショーイベントが行なわれ、エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic、セルビア)らテニス選手らがモデルとして登場した

トリーナ・ターク(Trina Turk)というデザイナーが有名かどうかは分らないものの、明るい色合いのどっちかといえばリゾート地向けのデザインだ.
やはり日に焼けたテニス選手に一番似合うのは、こういうリゾートドレスだろう.

さて、今回モデルをつとめた選手は、というと.
- トミー・ロブレド(Tommy Robredo、スペイン)、
- エレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic、セルビア)、
- カテリナ・ボンダレンコ(Kateryna Bondarenko、ウクライナ)、
- ジョナサン・アーリック(Jonathan Erlich、イスラエル)、
- アロナ・ボンダレンコ(Alona Bondarenko、ウクライナ)、
- アンディ・ラム(Andy Ram、イスラエル)

みな、抜群にスタイルがよろしい.

それよりも気になるのが、メンバーの国の位置だ.
ロブレドのスペインはいいとして、どれもこれも日本人には位置特定が難しい国ばかり.

世界地図で、全問正解できるひとは素晴らしい.
どの国も複雑な問題をかかえている.

まずは、セルビア.


大きな地図で見る
ニュースを見ている社会人の人であれば、ご存じの通り.
先週の14日に、セルビアからの独立を宣言したコソボをめぐって、独立をよしとしないセルビア人との間で住民300人と衝突が発生している.


次はウクライナ.

大きな地図で見る
これも場所が難しい.
91年にソ連崩壊を契機に独立した比較的新しい国.
86年のチェルノブイリ事故が起こった場所.


最後がイスラエル.
もう説明不要の常時戦闘中国家.

大きな地図で見る
今月2日にもパレスチナ自治区ガザ地区への攻撃により,死者が少なくとも61人という、ここ8年で最大規模の死者を出している.


-----
なんか、意図的にモデルの国を選んだのではないかと邪推してしまいそうなメンバー構成.
会場はアメリカ国内なんだけれど、ヨーロッパだと このメンバーでファッションショーは無理なんじゃないだろうか.

そんなことも考えたりする、ニュース記事であります.

---------
リンク

エレナ・ヤンコビッチらテニス選手がファッションショーのモデルで登場@B.B.News.3月16日


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« 帰国・Blog再開 | トップページ | 錦織テニプリ読んだことは? »

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/40540249

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンコビッチもモデルへ:

« 帰国・Blog再開 | トップページ | 錦織テニプリ読んだことは? »