« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

明日から再びドイツへ

急ですが、ドイツに再度の仕事で赴かなければならなくなりました.

うーむ、錦織の今後の動静とか、北京五輪の話題とか、いろいろ気になることはありますが、ひとまずblogは1週間ほどの小休止で.

近日、帰国後の更新再開.
またのご来店をおまちしておします.

欧州は寒そうだなや....


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロディック対錦織戦の動画

SAPオープンでの1回戦,2回戦(錦織戦)の模様と、ロディックのインタビューまとめをみつけた.
軽快な動きで、やっぱ球速がめちゃくちゃ速いわ~.

Andy Roddick - SAP Open diaries - Video 1of2 vs.Gucchione

Andy Roddick - SAP Open diaries - Video 2of2 vs.Nishikori

よくこんなのから錦織は6ゲームとったよな...

打ち合いからやけにロディックがネットにつめてきてる.
錦織も負けじとネットに出て、至近距離でのボレーボレー.
シングルか、これ...

やべ、鳥肌モン. く~!!

最後が惜しかった2セット目のマッチポイントのシーン.
4-5で錦織のサービスゲーム. 第10ゲームをキープすれば5-5のイーブンとなる場面.

週間少年ジャンプやサンデーなら盛り上がるところで翌週に続く...となるところが、ロディックのサイドアウトくさいボールを錦織がノーバンでカット、ボールを見送ったロディックが冷静で、返球おしくも判定アウト.
ゲームセットでストレート負け、となった.  惜しすぎるぜ、それ!


これはおまけ.

Andy Roddick - The Art Of The Press Conferences (ESPN)


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATPインターナショナルの価値

錦織はロディックにストレートで負けてしまったわけであるが、よ~~く考えてみるとATPインターナショナルシリーズに本戦ストレートイン(ワイルドカードだが)って、相当すげぇ話だった.

冷静に考えてみると、Challenger ではなく、一握りの選手しか出場できないATP International Series ですぜ?
それを予選から出場でなくて、本戦から、だなんて日本男子ではずいぶん長い間、レア事象だった.(ジャパンオープン主催者推薦のみ例外中の例外)

一応ATP男子ツアーの階層を書いておくと(日本語ね)
上から順番に、
○グランドスラム
○ATPマスターズシリーズ
○インターナショナル・シリーズゴールド
○インターナショナル・シリーズ
○チャレンジャー
○フューチャーズ
となる.

いっちゃん上ののグランドスラムはもちろん超有名大会であるが、日本では残念ながら今年から無料では見られない.すべてWOWOWとなった.

インターナショナル・シリーズに注目すれば、賞金総額は幅が結構あって1億円超から4,5千万円クラスまで.
ここの本戦に出れば、間違いなく一流のプロと言っていい.
重要なエントリーポイントだって 優勝ならほぼ200点入る.(グランドスラムは1000点)

日本国内の男子大会となるとなかなかチャレンジャークラスでもめったとない.

ポイントが出場できる大会も決める、完全な実力世界であるから、国内男子の選手はスタートラインからはるか後方のマラソンに出場してるようなもんだ.

グランドスラムどころかインターナショナル・シリーズ予選に出るだけでも海外のチャレンジャーやフューチャーズを転戦してポイントを稼ぐしかない.

で、そんな中でインターナショナル・シリーズ本戦に、わずか32ドローしかない大会にワイルドカードで出場、しかも1回戦をストレートで勝っての2回戦.
相手は第一シードのロディックで、まわりはテレビでよく見る選手ばっかりで...

ま、このSAPオープンのプレーヤーエントリードローとを見ただけで鳥肌もんでゲスよ.

そこんとこを、日本の報道も言ってほしいんだけどなー.

ちなみに昨年の日本のエースである添田豪の成績.
- ATP tour and Grandslam
Tokyo, Japan International Series Gold 0勝1敗
Australian Open, Australia Grand Slam 0勝1敗
Adelaide, Australia International Series 0勝1敗
- Challenger
Manta Challenger(Ecuador) [マンタチャレンジャー] 優勝
- Futures
China Futures [中国フューチャーズ] 優勝

全大会出場22 (デビスカップ除く)

このぐらい、ATPインターナショナルは本戦出るだけでもたいへんなことなんで、ここぞとばかりに褒めよ称えよ.

スポーツはサッカーや野球ばっかじゃ、ないんやでぇ.upwardright
野球なんか、春先の たらたら練習してる映像に時間さかんでえんと違う?

-----
リンク


錦織、ロディックに敗れる=世界6位に2-6、4-6-男子テニス@時事通信

錦織はロディックに敗れ、連勝が9でストップ SAPオープン Tennis.365

SAP Open Information@ATP

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

錦織×ロディックが実現

おお、ロディ・アレン対遊沢了の対決を、まんま現実で再現するわけだな!
(『見上げてごらん』詳しくは、ワタシの過去記事へ)
127312

ファン待望の、今一番見たい屈指のカードが、いきなり実現.

♪じゃじゃーん

錦織圭 vs. アーーンディ・ロディック!!!@サンノゼ(米カリフォルニア)
Comming soon!!

◇錦織、2回戦はロディック 男子テニスSAPオープン@スポーツナビ・共同通信社 2月21日

男子テニスで前週、日本選手として16年ぶりにツアー優勝した18歳の錦織圭(IMG)は20日、当地で行われたSAPオープンのシングルス1回戦に快勝し、21日の2回戦は世界ランキング6位で第1シードのアンディ・ロディック(米国)に挑戦する。
 錦織は1回戦で世界96位と格上のディエゴ・ハートフィールド(アルゼンチン)に7-5、6-3でストレート勝ち。波に乗る日本のホープが高速サーブが武器の強豪にどう戦うか、注目される。
あのロディックですぜ、テニスファンでなくても知ってるでしょう.

現役最高速の155mile/Hr(248km/Hr)というバケモンみたいなサーブを持つ、若きUSA男子の現エース.
そのサーブの破壊力は、直撃すればキャベツぐらいはぶっ飛ばすだろう.

しかも、高速サーブが真価を発揮するのはインドアかハードのサーフェイス.
今回のSAPオープンは、もちろん屋内コートで かなり速めらしい.

そして....
Roddick has won twice at the SAP Open and owns a 21-4 record in San Jose.
(ロディックはSAPオープンで過去二度の優勝、21勝4敗の記録を持っている..驚異的!!)

---
◇錦織×ロディック戦が実現!@『LALALAスポーツのほほん漫遊録』
内田暁記者の現地レポートで、いやおうなしに興奮は高まる.

しばしまたれよ、おのおのがた.
刮目すべし、この勝負!

試合開始は21日のナイトマッチ第2試合.
夜の21時頃ということで、ロディックだし 全米での注目度も高いってこと?
日本とカリフォルニアの時差は-17時間なので、日本時間22日の午後2時頃開始.

では鳥肌モンの、オーダーオブプレーでもどうぞ.(一番下)
なんと、先週破ったJ.ブレークはナイトマッチ第1試合. これは?!

Andy Roddick Serve

なんと力のこもったフォームであることか...

Andy Roddick record breaking serve 155 mph!

速度的には、新幹線ひかり で駅通過ぐらいッス.

----
リンク
錦織、2回戦はロディック 男子テニスSAPオープン@スポーツナビ・共同通信社 2月21日

錦織×ロディック戦が実現!@『LALALAスポーツのほほん漫遊録』

Roddick, Andy 0-0 Nishikori, Kei @ATP Head to Head

SAP OPEN OFFICIAL

Japan's Nishikori wins in San Jose, will face Roddick next@ESPN

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボール高速発射キャベツ破裂

「NIT Physics Lab.」という、日本工業大学関連のところが行った実験とのこと.

Hyper speed tennis ballというタイトルで、時速250km/Hrから始まって、500、最終700km/Hrまで加速暴走する.

うーむ、これはおもしろすぎる.


でもトッププロの210km/Hr.くらいでもキャベツふっとばすくらいはできそう.
むろん、155mile/Hr(248km/Hr)のレコードをもつ、アンディ・ロディックなら同程度の破壊力ってことになる.

ダブルスで後衛のサーブが頭に当たらないことを祈るばかりだ.

...700km/Hr.でもテニスボール自体は大丈夫なんだなぁ...驚き.

Hyper Speed Tenis Ball

----
リンク
GIZMODE

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合を見に行った記者は?

錦織関連の話題もそろそろ、ひとまずはラスト.

亀の子iwaさんが紹介してくれたリンクの紹介で閉めたいと思う.
(いつもありがとー)flair

◇錦織フィーバーの裏側@02月20日 LA在住ライターの『LALALAスポーツのほほん漫遊録』

というのも、デルレイビーチの大会の決勝戦、日本のメディアは わたしと読売新聞さん(記者とカメラマン)の、3名だけ。
そうだろうね.
まさか予選上がりの日本人である錦織が優勝するなんて、はっきり言って誰も予想してなかっただろう.

内田暁記者と、読売新聞記者+カメラマンだけ、ってのは納得.
逆によく居てたものだ. 内田記者はわざわざ0泊3日でLAから出張ったらしいので、こういう人を『鼻が利く』というのだろう.
読売の記者はもちろん、メジャーMLBのキャンプ取材のついで.
桑田とか高津とか、はたまた藪とか、40's不惑・再挑戦組の取材らしいが.


もう一本紹介.

◇tennis Week
動画もいきなりのノリノリだし、ハートブレーク・ブレークなんつぅベタな見出しも付いていて、引き込まれる.
記事も擬音や比喩が多くて、なんだかおもしろい.
例えば..

After Nishikori had leveled at six points each in the breaker, Querrey reached match point again at 7-6 but still could not prevent Kei from imposing himself on the point and conjuring up the kind of angles that will carry him up the ATP ranking list at a fair old gallop.
なんでここでギャロップが出てくる?
ATPランキングが急上昇することを言っているのでしょう.

ブレークの、まるで迷子の子犬のような表情が出たり、お姉さんはゴージャスで口調も色気たっぷりで...と、動画も必見でございます.

----
リンク

錦織フィーバーの裏側@02月20日 LA在住ライターの『LALALAスポーツのほほん漫遊録』

tennis Week
錦織の記事の例
ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦織と各国メディアの反応

錦織圭のツアー初優勝happy02 から一夜明けて、各国の通信社メディアの反応が一通り揃ってきたので見ていこう.

まずは、我が日本.
論調は「よくやった」から、その家族構成と”テニスの王子様”父の話、はたまた「米国武者修行のお値段」と、ややどうでもいい話題が多い. ワイドショーの悪影響だろうか.

◇王子様錦織が世界をつかんだ/テニス@2月19日 日刊スポーツ

「テニスの王子様」が世界をつかんだ! 世界244位の錦織(にしこり)圭(18=IMG)が、日本男子として史上2人目のツアー優勝を遂げる快挙を達成した。
うーん、やっぱり連想するは「テニスの王子様」ね.
なんつー王子様好きな民族なのだろうか..越前リョーマには似ていないのだが..どっちかってぇと 遊沢了『見上げてごらん』だ.

◇”テニスの王子様”錦織圭、父・清志さんに聞く育成法@2月19日 夕刊フジ

男子テニス界に彗星(すいせい)のごとく現れた「サムライ」プレーヤー、錦織(にしこり)圭選手(18)。デビュー4カ月余で日本人選手では史上2人目のATP大会制覇という快挙を達成した。「目立たない子だった」と語る郷里・松江の父に、孝行息子の子育て法を聞いてみた。
割と引っ込み思案な子供だったらしい.
大人になって明るい性格の人は、案外と子供の頃は暗いという法則もあるし.

テニス王子、留学費用は年間約1000万円@2月19日 産経新聞
テニス王子、留学費用は年間約1000万円@iZa

同ファンドは日本テニス協会の盛田正明会長が2000年に私財を投じて設立。独自に有望選手を発掘して米フロリダにあるアカデミーに留学させ、渡航費、学費、アカデミーの授業料、寮費、遠征費など初年度に年間数百万円、2年目以降はプロコーチ費用が加わり年間約1000万円の費用を担う。
年間1000万円の投資を安いと見るか高いと見るか.
プロコーチ費用が高いんだよな.

続いて米国メディアの反応を.
「実力は本物」テニス王子優勝に米メディアも驚き@Iza

大会が行われた米フロリダ州のパームビーチ・ポスト紙(電子版)はブレーク(米国)との決勝を詳報し、「ファンはブレークに『熱くなれ』と叫んだ」とのタイトルのコラムを掲載。錦織について「実力は本物。グラウンドストロークは世界トップ20」と評し、ブレークの「熱くなっていたら、もっとひどい負け方をしただろう」とのコメントを紹介した。

Palmbeach
ちょっとシニカルだなぁ.
原本をチェックしてみよう.
Palm Beach Postから
Japanese teen surprises Blake in ITC final@Palm Beach Post
Blake said later he did not hear the fan who called out.
"I didn't get mad out there today," Blake said. "If I had, I would have probably have lost worse." He speaks as a reformed hothead. Early in his career, he was the guy who lost his temper and alienated fellow players. He says he became a better player when he got himself under control.

まぁ、確かに「ファンがブレークに「熱くなれ」と叫んだ(ブレークは聞こえなかったと談)」「しかし、熱くなっていたらもっとひどい負け方をしただろう」とある.

それよりおもしろいのが次のくだり.
"I get goose bumps when he sets up for that jumping forehand," said coach Glen Weiner,
錦織のジャンピング・フォアハンドでコーチは鳥肌がたつらしい.
確かに彼の体重の乗ったフォアハンドは強烈で、見ててしびれる.

Nishikori, 18, stuns top-seeded Blake to claim Delray Beach title@ESPN

"He was hitting cold winners at times that you wouldn't have expected," Blake said.
3セット目(スコアは6-4).大事な場面で錦織がダウンザラインに決めてブレークのサーブをブレーク(ややこしいな)したときの感想だ.

"Congratulations to Kei on winning his first ATP title," Blake said. "I'm sure it will be one of many. He's been impressive all week. He has a very bright future."
えぇやっちゃなぁ、ブレークはん.
『輝かしい未来』ときたか、勝者をたたえるのを忘れない.
ブレークだってまだ28歳だし、そんな引退間近みたいな校長先生みたいな こと言わんでえぇよ.
なんや今週は負けても9位と1桁になったらしいやんか. あんたが輝かしいやないの.

最後はヨーロッパ.

Newcomer Nishikori shocks Blake@BBC.NEWS

"After you save four match points in the semis you are playing with house money. He hit cold winners at times you wouldn't expect them."

は?比ゆがよく分からん.
『in the semis you are playing with house money』の意味の分かる方、コメントしてください.
何でsemisや house maneyが出てくるの? ジョークくさいんだが....

UPDATE 2-Tennis-Japan's Nishikori stuns Blake for first title@REUTERS

Nishikori saved three break points in his first service game of the third set, then immediately broke Blake with a clean down-the-line backhand return that the American could not retrieve.
各誌が触れている、3セット目ファーストゲームの錦織のリターンが見てみたい.
どんな見事な球筋だったのだろうか...

-----
こうして見ると、海外各誌スポーツ欄はわりと試合展開と対戦相手の談話、本人が家族と試合後に電話で話した、うんぬんでテニスの話から外れないのに対して、日本は脱線気味.
まぁ、記者が誰も試合見てないだろうし、インタビューも取れないし、で錦織の家族やテニス協会の談話しかネタがないのだろうが..
割とクールで読みやすいロイターの書き方が気に入った.

ところで、米国ではニックネームが「Kai」なのね.
Keiでは呼びづらいのか?

「カイ!!」 
某・機動戦士○ンダムのガンキャノンのパイロットと同じである.


ごっついフォアハンドで打つ前から飛んでるなぁ.
すごい脚のバネしてる. なのに手首の使い方は変幻自在というか、超柔らかいタッチもできる.
こりゃ強烈だ!!

------
リンク

王子様錦織が世界をつかんだ/テニス@2月19日 日刊スポーツ

◇”テニスの王子様”錦織圭、父・清志さんに聞く育成法@2月19日 夕刊フジ

テニス王子、留学費用は年間約1000万円@2月19日 産経新聞

テニス王子、留学費用は年間約1000万円@iZa

◇「実力は本物」テニス王子優勝に米メディアも驚き@Iza

Japanese teen surprises Blake in ITC final@Palm Beach Post

Nishikori, 18, stuns top-seeded Blake to claim Delray Beach title@ESPN

Newcomer Nishikori shocks Blake@BBC.NEWS

UPDATE 2-Tennis-Japan's Nishikori stuns Blake for first title@REUTERS


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

錦織圭・初優勝・感涙動画

いやー、驚きもものきさんしょのき.
ついに来たね、錦織圭.

ブレークを破ってのツアー初優勝.

◇18歳の錦織、ツアー初優勝=松岡修造以来、日本勢16年ぶり-男子テニス@2月18日 時事通信

男子テニスのデルレービーチ国際選手権は17日、米フロリダ州デルレービーチで行われ、シングルス決勝で世界ランキング244位の錦織圭(18)=IMG=が同12位で第1シードのジェームズ・ブレーク(米国)に3-6、6-1、6-4で逆転勝ちし、ツアー初優勝を果たした。日本勢の優勝は1992年4月の韓国オープンを制した松岡修造以来、16年ぶり2度目(2人目)。
 錦織は予選から勝ち上がり、ツアー6度目の出場で初めて決勝に進出。第1セットを失ったものの、サーブが復調し、安定したストロークも生かして強敵を逆転した。
松岡修造がツアー優勝した日のことがつい昨日のことのようだ.
今から(たったorもう?)16年前で、ワタシは現役の学生で、確か試験で半ドンだったような気がする.
テレビのニュースで松岡優勝のニュースを報じていた.

その当時は伊達公子の全盛期でもあり、伊達ほどの感涙にむせぶことは無かったが、それでも熱い男・修造の優勝はテニスをする人間としては、めちゃくちゃうれしいニュースだった.


それから16年.
日本男子はほとんど世界に歯が立たず、ちっちゃくちっちゃくなるニュースの扱いだった男子テニス.

それが、今日は一般新聞の夕刊1面に写真つきで記事だもんね.
錦織圭、一気にブレークスルーしちゃった.

ジュニアでの勝ち方とか、13歳でアメリカでアカデミー入りとか、とんでもなく日本の規格におさまらないスケールを感じる錦織圭.

やっぱ、すげーわ.
恒例の動画で感動をわかちあいましょうぞ

錦織圭 Kei Nishikori 1st ATP title

ポイント後に右腕の裏で汗?をかく仕草がいいねぇ.

------
リンク

18歳の錦織、ツアー初優勝=松岡修造以来、日本勢16年ぶり-男子テニス@2月18日 時事通信

18歳錦織V、日本人史上2人目…男子テニスツアー@2月18日 夕刊フジ

錦織のランク、131位に急上昇=史上最年少で日本人最高位-男子テニス@2月18日 時事通信


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

ドイツから帰国、新幹線

ご無沙汰でした.
ドイツに少しばかり出張してました.

意外と思ったよりもフランクフルトは寒くなかった.
どうも例年雪が降っている季節らしいが、まぁラッキーということで.

フランクフルト空港駅は、ご存知のとおり、ドイツ新幹線のICEがそのまま空港に乗り入れている.
パリのシャルルドゴールもフランスTGVが「どどん!」と空港の中に乗り入れているが、フランクフルトも本当に楽チン.

関空なども一応は電車が乗り入れているものの、新幹線ではない.
大阪など主要駅で乗り換えが必要になる.

新参の神戸空港は都市近郊が売りで、ポートライナーで10何分ということだが、結局幹線で重い荷物かかえて乗り換えというのは不便極まりない.

何が便利ということなのか、使う人の立場になって考えてほしいものだ.


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日1-1、フェドカップ

この週末に開催されているフェドカップ,
初日のシングル2戦は日本とクロアチアが1試合づつとって、イーブンで明日を迎える.

◇日本は初日クロアチアに1勝1敗/テニス@日刊スポーツ

<女子テニス:フェド杯ワールドグループ2部1回戦>◇初日◇2日◇兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場
 日本とクロアチアは1勝1敗で初日を終えた。日本は世界ランク46位の森上亜希子(28=ミキハウス)が同145位のニカ・オゼゴビッチ(22)を逆転して2-1で先勝したが、同105位の中村藍子(24=ニッケ)が同141位のエレナ・コスタニッチ(26)に1-2で敗れた

森上も勝ったには勝ったけれど、かなり危ない試合だった.
1セット目6−2.第2セットも2−0.
神戸在住の森上、地元の開催で団体戦のエースがストレートで負けるわけにいかんだろ.

ここから盛り返した.
一進一退で、2セット目を7-5で奪い返す.

リズムのいい森上の攻めが出て、3セット目は勢いで4ゲーム連取.
スコア6-1で3セット目を取り、見事な逆転勝ちとなった.


さて2試合目の中村.
こちらはランキングもイーブン.
3-6、6-3、3-6で、こちらは最後の3セット目が取れなかった.
いいところでサービスブレークしたトシッチの勝ち.


明日も三木の新しい体育館で試合が続くが、写真で見ると客の入りは満員ですな.
前売り券は既に完売御礼.

神戸三宮からも無料シャトルバスが出ている.

明日はシングルの対戦の1・2入れ替えと、森田と藤原のダブルスがある.
結構実力伯仲でおもしろい試合になりそうだ.

リンク

日本は初日クロアチアに1勝1敗/テニス@日刊スポーツ

フェドカップ 日本対クロアチア


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »