« ラドワンスカってダレデスカ? | トップページ | ダークサイド・フェデラー »

左利き対左利き

WOWOWでやっていたナダル対ニエミネンの男子S-QFを見た.
おもしろいのが左利き対左利きの試合だったこと.

同じ左利きとはいえ、ニーミネンのほうはネットプレーを軸にしているので、ストローク主体のナダルとは、まったくといっていいほどプレースタイルが違う.

スコアはストレートだったので、まぁ順当と.
ナダルの次の相手は、ノーシードで期待のツォンガ.
こりゃ死闘になりそうだ.


4532165628
ふと気づいたのだが....左利きの選手、対左利き戦の練習ってどうしてるんだろ?

自分の学生時代には部員に左利きはわずかに1名だけ.
部員数は割りと多くて、40人くらい居たのだけれど、その中でも左利きの選手は1人しか居なかった.

ナダルやニエミネンなんかは、トッププロなのだから、練習パートナーに左利きの選手をチョイスすることなどわけないかもしれない.
とはいえ、それでもストローカーからネットプレーヤーまで、あらゆるバリエーションの練習相手まではそろわないだろう.


左利きの選手は、普段は当然に右利きの選手と練習する機会が圧倒的に多い.
普通はフォアでクロスのラリーから入るところが、左利きはストレートに打つことになる.
もしくは、バックハンド対フォアハンドでクロスか.

ワタシ個人的な見立てとしては、左利きの選手は全般的にバックハンドを苦手としていることが多い.
リーチが狭くなってもダブルハンドか、大きくフォアに回りこむか.

得意なのは逆クロスやクロス、それもフォアハンド.
クロスは右利きにとってはバックハンドに来るので、決め球に近い.

これは分かっていても、右利きにとっては瞬時に判断し切れない.

で、最初の疑問.
左利き対左利きの練習相手の問題.

この左利き得意の決め球であるフォアクロスを、同程度の実力でフォアで返球する、同じく左利きのパートナーが所属するクラブに在籍する確率はけっこう低いはず.

左利きの選手にいつも聞いてみたい質問である.
「対左利き選手の練習ってどんなことしてた?、左利きの練習パートナーは居てた?」

気になるなぁ.

--------
リンク

フェデラーら男女ベスト4出そろう…全豪テニス第10日@スポーツ報知

全豪オープン男子シングルス、ナダルが準決勝進出@ロイター


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« ラドワンスカってダレデスカ? | トップページ | ダークサイド・フェデラー »

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

5年前にテニスを始め、3年前に古傷の脱臼で利き腕の右肩を痛め、テニスを一時的に止めなくてはならなくなった際、一念発起して左フォアで初心者クラスから始めました。今では中上級クラスで両方フォアで練習できるレベルまできています。両サイドからのサーブ(デュースサイドは右、アドサイドは左)は結構武器になりますし、何よりカバーリングを省エネできてアラフォーの私にはスタミナ面で大変助かっています。

投稿: みんなのテニス | 2009/01/25 午後 01時00分

んー、ダブルスで左右利きの逆配置ですかー.

センターを厚くするというよりも、ポーチをフォアハンドで攻撃できるメリットは浮かびます.

ただ、右利き、左利きともにリターンでフォアがすべて逆クロスになるので、テニス教本のセオリーが通じないですね.パートナーがよりフォア側にシフトしていくとか.

二人ともにフォア以上にバックが得意でスピン中心ならいいと思います. でなければ、フォア打った後の身体位置がアレイ上に来てしまう逆クロスのデメリットが強調されるかと思います.

投稿: TickTack | 2008/01/28 午前 12時04分

変則的? やっぱりそう見えますか?
実は私達は今まさにソレ(左利きのパートナーがデュースコート、右利きの私がアドコート)です
メリットとデメリットがあると思いますが、私達の場合は「二人ともフォアハンドになるセンターの厚みを増し、より攻撃的に戦う」言を目指しています
草トーに出ても、意外とその組合せは多いですよ
それより驚いたのが昨年の秋に初めて会った「左利き+左利き」のペア!これは、やりにくかったですね~コートに入っている4人中3人が左利きなのですから「私が変なの?」なんてバカな事を考えたりして、観戦していた友人達には大ウケでした(笑)

投稿: AKI | 2008/01/26 午後 08時04分

AKIさん、はじままして.ようこそ.

確か、ナダルが元々の右利きを左利きに矯正.
逆にシャラポワは本来の左利きを右利き、というか両利きに矯正.

左利きが右利きに有利なことはもちろんですが、やはり左利き同士は、打ちにくさがあるんですね.

ただ、慣れてしまえばそう克服は難しくなさそうです.

ところで以前に、右利きがアドコート、左利きがデユースコートという変則ペアを見たことがあります.

二人ともサイドコートがバックハンドって、いったい...?!
あれは何が狙いなんだろう...逆クロス狙いか?

投稿: TickTack | 2008/01/25 午後 09時26分

初めまして! いつも楽しく拝見しておりますが、初めて書き込みさせて頂きました
私も同じ疑問を感じ、レッスン仲間の左利き女性に聞いてみたところ(やはり)「自分は左利きだけど練習相手はほとんど右利きだから(実は)左利きは苦手」との事(野球でも左対左、なんてことが言われますよね)
そして現在、別の左利きの人とペアを組んでいるのですが、彼女も左利きは苦手な様子で、サイドパスを狙って失敗し「左利きだった~」とつぶやいたのには笑ってしまいました
以上拙い個人的な経験ですが、ご報告にて

投稿: AKI | 2008/01/24 午後 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/17807317

この記事へのトラックバック一覧です: 左利き対左利き:

« ラドワンスカってダレデスカ? | トップページ | ダークサイド・フェデラー »