« 年金施設が老人ホーム再生  | トップページ | 若手スター収入ランキング »

試合後の握手・義務化

昨年から問題になっているイタリア・セリエAでの観客の乱闘事件.
今年も何試合か無観客試合が開催されたものの、いまだ怪我人のニュースが続く.

ところが。。。

◇“アフターマッチ・ファンクション”は友好の証=セリエA@(C)SPORT:12月4日

“アフターマッチ・ファンクション”という(おそらく)新しい試みを通して、カルチョは人間性を取り戻すための最初の一歩を踏み出した。歴史上、サッカーと最も強く反目し合うスポーツだったラグビーに例を取ったものだ。
何をしたのかとい言うと、単に試合後に相手側に拍手を送っただけのこと.

それを義務化してしまい、少しでもサポーターの衝突を減らしたいのだと思う.

“アフターマッチ・ファンクション”
とうのは試合後に相手の健闘をたたえ、友好を深めること.
テニスでは、もちろん試合後の握手のことだ.

だけどだ.

テニスとヨーロッパサッカーの観客とじゃ、あきらかに客層が異なる.
頭に血が上りやすい人が体勢を占めるし、都市間の代理戦争みたいな一面もあるサッカーで、試合後に相手に拍手を送りましょう。。。なんてちゃんちゃらおかしい、と思うはず.

これは無茶な話だと思う.


-----
リンク

“アフターマッチ・ファンクション”は友好の証=セリエA@(C)SPORT:12月4日


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223

|

« 年金施設が老人ホーム再生  | トップページ | 若手スター収入ランキング »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/17284132

この記事へのトラックバック一覧です: 試合後の握手・義務化:

« 年金施設が老人ホーム再生  | トップページ | 若手スター収入ランキング »