« ミルウォーキーFutures | トップページ | フェデラーと誕生日ケーキ »

セントジェームスの由来

楽天市場のテニス用具の売れ筋ランキングの1位.
それはこれ.

テニスボール【硬式テニス】
DUNLOP St.JAMES4球入(セントジェームス)【箱単位】(15缶/60球)

特別価格  6,150円

852_1
60球もあって6,150円ということは、単純計算でボール一個で100円ちょい.
実際、プラの入れ物とかに利用価値は皆無なので、実質的にボール代イコール評価で十分.
それにしても激安なのでコストパフォーマンス高し.

ボールの打球感などは、同じくDUNLOPのフォートなどに比べると感触はいまいち.
おまけに、いささか耐久性に劣るので、安いなりの理由があり.
生産国は東南アジアのタイ.

----
ところで、なんでボール名が、セントジェームスか.
アパレルメーカのセントジェームス(爽やかセーラーマン系)とのダブルネームか..と思っていたら、さにあらず.

答えは、実に意外だった.
DUNLOP公式から.

1952年(昭和27年)
「フォート」の前身「St.JAMES」誕生
セント・ジェームスは、当時のイギリス・ダンロップの本社があったロンドン近郊の地名で、国産テニスボールの商品名として使用。
な、なんと、地名から来ていることが判明.
KOBE,とかTOKYOみたいなもんだ.
単に本社所在地を商品名につけただけ.

まるで KOBEワインとか 広島焼きとかのノリ.
ご当地名物、テニスボール?

フォートとは「城塞」とか「要塞」という意味で、守りに強いというところから命名されたそうで、こちらは1958年.
フォートよりもセント・ジェームスのほうが歴史が古い.

いや~、なにげないものに歴史と由来あり.

----
リンク

◇テニスボール【硬式テニス】
DUNLOP St.JAMES 4球入(セントジェームス)

Saint James ロンドン近郊
@Google-map

DUNLOP公式 FORTの歴史

◇フレンチスタイルを提案する Saint James アパレルブランド
サマーセール、サイトとショップ同時に6/29(金)スタート!
人気の定番も期間限定でセールに。

人気blogランキング(テニス)

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« ミルウォーキーFutures | トップページ | フェデラーと誕生日ケーキ »

テニス」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/16050407

この記事へのトラックバック一覧です: セントジェームスの由来:

« ミルウォーキーFutures | トップページ | フェデラーと誕生日ケーキ »