« ウインブルドン浅越コラム | トップページ | シャラポワ白鳥ウェア羽付 »

ヒンギスと藍子にハラハラ

ヒンギスの1回戦危なかった.
1セットダウンで迎えた2セット目、4-5で相手のマッチポイント.
ヒンギスのサーブ.

そこでヒンギスは信じられない攻めを見せる.

いきなり『 サーブ&ボレー 』.

負けそうな場面でそうくるか、フツー来ないっしょ.

苦戦も「勝利がすべて」 ヒンギス、次は中村と@Tennis.365/共同(2007年6月26日)

テニスのウィンブルドン選手権第1日に登場した元女王、マルチナ・ヒンギス(スイス)にとって、ことしは1997年の初優勝からちょうど10年。1回戦はマッチポイントに2度も追い込まれながら、辛うじて勝ち上がった。
 臀部(でんぶ)の故障で全仏オープンを欠場した。完治はしていないものの、出場に踏み切った。「どんなことがあっても、ウィンブルドンでプレーするのをあきらめたくはなかった」と強い思い入れがあったからだ。第9シードは、観衆の大きな声援を力に奮闘した地元英国のナオミ・カバデーに苦戦しても、「勝ち残った。とにかく、それがすべてよ」と涼しい顔。
NHKの中継見てても、ヒンギスのストロークが短いみじかい.
全然浅いボールを連発していて、それをみんな打ち込まれる悪循環.

相手が大柄な左利きのパワーヒッターだから、打ちごろボールを出す状態.
ボロボロの2セット目を乗り切った..というか、ぎりぎりネットプレーに持ち込んで、一発勝負に出たのが幸いした.

ほんとハラハラさせるわ.

------------------------
で、その前の試合もまたハラハラ.
日本の中村藍子さん、こちらはサーブが入らない.
ファーストが3割しか入らないもんだから、明らかにセカンドも遅い.

もっとも相手も精度低くて、ミス連発のブレーク合戦.
これはハラハラだわ.

◇中村、フェデラー2回戦へ ウィンブルドン開幕@Tennis.365/共同(2007年6月26日)

テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は25日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕し、女子シングルス1回戦で中村藍子(日本)(ニッケ)はマルチナ・スハ(スロバキア)に7-5、6-2で勝った。ナオミ・カバデー(英国)に逆転勝ちした第9シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)と2回戦で対戦する。

あーあぶなかった.

次はハラハラ同士の対戦.
中村さん対ヒンギス.

ヒンギス、復調してるだろうなぁ.
ちなみに中村さんは2戦続けて、Miss.マルチナと対戦.
 マルチナ・スハ(スロバキア)&マルチナ・ヒンギス(スイス)

ヒンギスももともとはチェコ出身だし、あのへんはマルチナ, 多いんだろうか?


----------
なお、浅越しのぶさん注目カードの結果は..

M. バルトリ vs.F. ペンネッタ 2-0 勝気と根性が身上のバルトリの勝ち

T. タナスガーンvs. S.ピエール 0-2 若手のホープの勝ち

アリョーナ-ボンダレンコVSクレイバスは2日目に.

という結果でした.
いずれもNHKの中継はありませんでした.

しのぶさん、NHKでコラム書いてるんだから、中継のあるカードを注目したほうが...

------
リンク

苦戦も「勝利がすべて」 ヒンギス、次は中村と@Tennis.365/共同(2007年6月26日)

中村、フェデラー2回戦へ ウィンブルドン開幕@Tennis.365/共同(2007年6月26日)

人気blogランキング(テニス)


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« ウインブルドン浅越コラム | トップページ | シャラポワ白鳥ウェア羽付 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/15570837

この記事へのトラックバック一覧です: ヒンギスと藍子にハラハラ:

« ウインブルドン浅越コラム | トップページ | シャラポワ白鳥ウェア羽付 »