« ヒンギスと藍子にハラハラ | トップページ | 森上・果敢にネットプレー »

シャラポワ白鳥ウェア羽付

第二シードで臨んだウインブルドン.
シャラポワのウェアをよく見ると、背中にひらひらした飾りのようなものが見える.

ありゃいったいなんだ??

◇背中に飾り、白鳥イメージ シャラポワのウエア@共同通信社6月27日

テニスのウィンブルドン選手権で女子の人気選手、マリア・シャラポワ(ロシア)は今回、白鳥をイメージさせるウエアで登場した。世界のトップ選手はコート上のプレーだけでなく、ファッションでも注目を集める。
 記者会見で「白鳥のようだ」と指摘されるとシャラポワはうれしそうに笑った。ウエアのデザインや機能には選手の意見も反映され、背中に飾りをつけたのは自身のアイデアだった。
今年は白鳥できましたか...
J_swan12

白ウェア縛りのあるウインブルドン.
そのレギュレーション内で、毎年妙な工夫を凝らしたウエアでやってくるシャラポワ.
去年は花柄の切り欠きだったよね、確か.

全米は、映画「ティファニーで朝食を」の女優オードリー・ヘプバーンをイメージした黒いドレス風のものを着用.

今回は白いドレス風でイメージは白鳥,
う~~ん..ゴスロリ?

でもそう浮かれてばかりも言ってられない、シャラポワの体調の不安も.

◇シャラポワ 肩の痛みはへっちゃら@tennis.365.6月27日

シングルス1回戦を行ったシャラポワは、Y・チャン(台湾)を6-1, 7-5のストレートで下したものの、肩の怪我の影響なのかところどころ本調子ではないかのような場面も見られた。
それに対しシャラポワは、「ドクターが言うには、休みを取っても取らなくても、私の肩の状況には影響しない。だから痛みがひどくなければ、プレーしてもいい、と言われた。」と、状況を説明した。
「肩の調子がいい日もあれば、そうじゃない日もある。大会中は炎症止めに頼ることになるかもしれないけど、大事なのはそれなりに対応できるかどうか。ドクターが青信号をだしてくれてるので、後は自分の管理次第と言うこと。」
今年はアタマから休みがちなシャラポワ.

トーナメント欠場の理由は、毎回「怪我」.
どうやら慢性的に肩の調子が悪そうだ.

サーブのフォームも決して自然で美しいとはいえないシャラポワ.
上体、特に肩から背筋の反り、打った後に右足を跳ね上げるのが特徴的.
肩と背筋には相当なストレスが蓄積しそうだ.

どうなのだろう.

♪うー、翼の折れたエンジェール...とならなければいいのだが.

-----
リンク

背中に飾り、白鳥イメージ シャラポワのウエア@共同通信社6月27日

シャラポワ 肩の痛みはへっちゃら@tennis.365.6月27日

Russian Maria Sharapova serves to China... @GettyImage

人気blogランキング(テニス)


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« ヒンギスと藍子にハラハラ | トップページ | 森上・果敢にネットプレー »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/15577970

この記事へのトラックバック一覧です: シャラポワ白鳥ウェア羽付:

« ヒンギスと藍子にハラハラ | トップページ | 森上・果敢にネットプレー »