« エナン、浪花節だよ人生は | トップページ | ダンロップ新公式戦使用球 »

ドーピングと損害賠償の話

昨年後半からニュースを聞かなくなっていた、かつての世界ランク3位のギジェルモ・コリア.
どうも右肩の故障らしいが、2007年に入ってからはATPツアーの記録がない.

忘れかけていたら、来ました、消息が.

◇コリアが食品会社を訴え 慰謝料12億円要求@AP=共同2007年6月13日

男子テニスで元世界ランク3位のギジェルモ・コリア(アルゼンチン)が、摂取したビタミン剤にステロイドが入っていたためドーピング違反による出場停止処分を受けたとして、米国の食品会社を相手に名誉回復と1000万ドル(約12億円)以上の慰謝料を求める訴えを米ニュージャージー州の裁判所に起こした。公判は18日に始まる。
 コリアは2001年にステロイドが検出されたが、弁護士によるとビタミン剤からステロイドが検出された。このため2年間の出場停止処分は7カ月に短縮された。
コリアは2001年に尿検査で禁止薬物のステロイドが検出され、2年間の出場停止処分になった(のち7ヶ月に短縮).

どうやら、このときのビタミン剤の製造メーカーを今になって慰謝料を訴えたらしい.

この短い記事では『米国の食品会社』とだけしかないが、メーカ名はアメリカのニュースでしっかり記載あり.

◇Coria sues vitamin maker over steroid suspension @Associated Press(AP通信)June 12, 2007

Nystrom said the only supplement Coria was taking then was a multivitamin made by Universal Nutrition of New Brunswick.
Nystromというのはコリアの弁護士.
コリアが唯一とっていたマルチビタミンがニューブランズウィック(米国の地名)のUniversal Nutrition製だ..と.
187


Universal Nutrition社のホームページはこちら.

むきむきのマッチョマンがどどんをトップページにある.
いかにも「ステロイド入ってます!!」ってな感じである.

日本にもずいぶん入ってきているようだ. リンク(ボディビルダーご用達)


コリアの訴訟のポイントは、そのビタミン剤にステロイドが入ってないと記載されていたかどうか.
誰もが思うポイントであるが、英語版の記事ではそのあたりが克明に記載されている.

コリアの家族が、この総合ビタミン剤を研究室でテストして、ステロイドで汚染されていると分かったのだという.これが、プロテニス選手協会の決定である、2年の出場停止を7ヵ月まで減らした決定を導いたらしい.

039442030115
Universal Nutrition社は、裁判所でそれがその工場で同じ日に同じ機械でステロイドを含有する製品と総合ビタミン剤を作ったと認めましたと、コリアの弁護士ニストロムは語っている.

つまりは、表示にステロイド含有してないはずのビタミン剤をコリアが飲んだ結果、ドーピングに引っかかった.
しかし、そのビタミン剤は実はステロイド含有商品と同じ工場ラインで製造していた.
その結果ステロイドが含有されてしまったと,メーカが過失をすでに認めている...というわけだ.

しかし、12億円の損害賠償とは大きく出た.

ドーピング当時はコリアは19歳で2007年現在は25歳.
その後2003、2004、2005年にトップ10にランクされたものの、昨年度2006の最終ランキングは116位.
2007現在は故障でATPポイントなし.

19歳での出場停止7ヶ月は、確かにとてつもなく影響が大きいが、損害の対価として12億円とは!
出場停止が無ければ12億円余計に稼いだということか.

***
ドーピング問題というのは本当に難しい.

一律で出場停止ははため分かりやすい.、
ところが、選手の意図的なのか、過失かで、本来は異なるはずだ.

過失なり、はたまた陰謀などで伸び盛りの選手がつぶれて行くのは、テニス界全体の損失に他ならない.

だが、損害賠償をビタミン剤のメーカに求めるというのは、プレイヤーとしては正しいことなのか、微妙だ.
コリア、しっかり故障を直してプレイヤーとして出直して欲しいところ.

----
リンク

コリアが食品会社を訴え 慰謝料12億円要求@AP=共同2007年6月13日

Coria sues vitamin maker over steroid suspension@Associated Press(AP通信)June 12, 2007

ギエルモ・コリア 選手詳細情報@Tennis.365

Guillermo Coria Profile@ATP公式

不振から抜け出せず コリア初戦敗退◇プロコム・オープン@Tennis.365 2006年8月1日

人気blogランキング(テニス)


ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« エナン、浪花節だよ人生は | トップページ | ダンロップ新公式戦使用球 »

テニス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/15423667

この記事へのトラックバック一覧です: ドーピングと損害賠償の話:

« エナン、浪花節だよ人生は | トップページ | ダンロップ新公式戦使用球 »