« 全仏とドーピング問題 | トップページ | ビューティ・テニススター »

インスタントリプレー導入

インスタントリプレーというのがある.

2006年の全米から、四大大会としては初めて導入されたホークアイ自動ライン判定システム.
これにより、選手が審判のイン・アウトのコールに対してビデオリプレイを見ての再判定を要求("チャレンジ")する権利を与えられること.

H0409064
「ホークアイ」は高度なビデオ判定システムで、イギリスのホーク・アイ・イノベーションが開発を手がけた「ホーク・アイ(タカの目)」(開発者の名前がポール・ホーキンスであることにもちなんでいる)と呼ばれるシステム.
このシステムはミサイル誘導技術を応用したもので、コートの周囲に置かれた多数のカメラがボールのバウンドする軌道を捕らえ、コンピューター画像で再生する.
10秒もかからずに、場内の大画面やテレビ中継にも映される.

ノースロップ・グラマン社が製造している早期警戒機E-2C『ホークアイ』のことではない.


インスタントリプレー・ルールは以下の通り.(出典:WOWOWテニスの基礎知識)

■基本方式(2007年1月現在)
・選手は、1セットについて2回、チャレンジ権が与えられる。
・審判の判定が正しく、選手が間違っていた場合には、選手は
 チャレンジする権利を1回失う。
・チャレンジで判定が覆った場合には、チャレンジする権利を
 失わずに引き継ぐことができる。
・タイブレークに突入した場合には、それぞれ1回ずつチャレンジ
 する権利が付加される。
・次セットにチャレンジする権利は繰り越せない。
導入が発表された昨年の夏当時はいろいろな意見があり、選手や多くのBlogでも話題になった.
「審判員の判定が間違っていると思ったら、それについて悩まなくていい」「権利を使うかどうかはすべて選手次第でマイナス的なことはない」「ファンのためにも素晴らしい」「でも機械が故障したら?」

全米導入その後は話題にのぼらなくなったと思っていたら、続いて年末の男子国別対抗戦-デビスカップ決勝のロシア-アルゼンチンでも導入されていた.

さらに、4大大会では今年の全豪が導入済み.

そして....いよいよ世界最速コートである芝コート、全英ウインブルドンもこのほど一部で導入を正式決定.
残るは4大大会では全仏だけだが、これまでにアナウンスは無い.

◇ウィンブルドン優勝賞金が男女同額に 改修も進む@2007年4月27日  Tennis.365

昨年のUSオープンから始まったホークアイによるインスタント・リプレー・システムが導入されることとなった。同システムが使用されるのは、センターコートと第1コートのみ。
今年のウィンブルドンは6月25日から7月8日まで行われる。
センターコートと第1コートのみ...って「のみ」ちゃうやん! 一番のメインに導入してるやん!

インスタントリプレーは大画面がシステムの中に必須.
大画面が必要なため、センターやNo.1コートなどのコートでしか実施できない.
その他のコートでは導入したくてもできない.

だから、実質的には今年からウインブルドン完全導入といっても間違いじゃあない.

ところで、ウインブルドンの大きな改革ポイントは3つ.

(1)優勝賞金が男女同額,優勝者は70万ポンド(約1億7千万円)
(2)ホークアイによるインスタント・リプレー・システムが導入される
(3)センターコートでは開閉式の屋根を敷設するための工事

(3)は実は今年は間に合わない.
センターコートが屋根無しで選手と観客を迎え入れることになり、この中には前年度優勝者ジャケットを着るフェデラーも含まれる.(アチーな、こりゃ)

**
インスタントリプレー未導入、残るは4大大会では全仏だけになったが、これまでにアナウンスは無い(よね?).

なぜだろう?

クレーコートはボールの跡が残りやすいからとも言えるが、いくらクレーとはいえ、ラリーの続いた後は足跡とボールの跡多数で、どれが最新のボール跡かは分かりにくいはず.

フランス人といえば「新しいことはすぐ試す」っぽいのだが、逆にラテン人らしく、「新システムの導入が面倒くさい」「お金が無駄にかかる」というそろばん勘定を弾いた可能性が高い.

ホークアイシステムは、2週間で1コート約15万ドル(約1,725万円)もの経費がかかる.


はたまた、組合の権利主張が強く、しょっちょうストライキのあるお国柄のこと、「機械に審判の雇用機会が奪われる恐れがある」と大真面目に主張しているやもしれない.

どうでしょうかね.

------
リンク

ウィンブルドン優勝賞金が男女同額に 改修も進む@2007年4月27日 Tennis.365

WOWOWテニスの基礎知識

テニスの本質を無視した、性急な改革に意義アリ。@Number661号>>

全英前哨戦でホークアイを導入@2007年3月6日 Tennis.365
クイーンズ・クラブで行われるステラ・アルトワ・チャンピオンシップでホークアイが英国初導入.

サフィンとナルバンディアンが初日に激突◇デビスカップ決勝@2006年12月1日 Tennis.365

フェデラーが辛勝 ナダルは敗退◇ドバイ・オープン@2006年12月1日 Tennis.365
ナダルはややホークアイに懐疑的.

ビデオ再生で判定変更も 試合の流れにも影響@2006年8月30日 Tennis.365

テニスにビデオ判定 ツアーで初実施 @2006年04月1日 Tennis.365
フェデラーは反対派.「プレー中気になる。選手としては受け入れられないこと」

人気blogランキング

ballRedline3Redline3Redline3
M10010223人気blogランキング(テニス)

|

« 全仏とドーピング問題 | トップページ | ビューティ・テニススター »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/15143951

この記事へのトラックバック一覧です: インスタントリプレー導入:

« 全仏とドーピング問題 | トップページ | ビューティ・テニススター »