« 結婚式招待お断りはテニスの為に | トップページ | 男女同額化ウィンブルドン »

テニプリ同人誌作者が起訴

法のダークゾーンというのがある.
最近問題になっている街金融の最高利子の話もそうだ.
法律というのは規模が小さければ黙認し、そして出る杭は打つ...らしい.

今日はそんなお話

◇6570万脱税、同人誌漫画家「品川かおるこ」を起訴
on YOMIURI/Yahoo

 下里容疑者は「品川かおるこ」のペンネームで知られ、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の漫画「テニスの王子様」の登場人物に似せたキャラクターを描いた漫画が人気だという。

 起訴状によると、下里容疑者は、所得が2005年まで3年間で約2億円あったにもかかわらず、約2000万円だったと松本税務署に申告し、所得税約6570万円を免れた。

げぇ、3年間で所得2億円.

マジッすか.

個人商売なので確定申告は個人だ.

ある意味では同人誌の作家をはじめ、個人アーティストなどのインディーズは、低所得が普通だ.
特に同人誌は有名作家の著作権を間借りして、法律のグレーゾーンで商売が成り立っている.

で、今回は著作権問題ではなく、マルサが入って起訴.
さすがにアンダーグラウンドで3億円も稼げば、目立っちまうわなぁ.

ballRedline3Redline3Redline3
人気blogランキングへ テニスBlog見るなら!

|

« 結婚式招待お断りはテニスの為に | トップページ | 男女同額化ウィンブルドン »

テニス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/14003355

この記事へのトラックバック一覧です: テニプリ同人誌作者が起訴:

« 結婚式招待お断りはテニスの為に | トップページ | 男女同額化ウィンブルドン »