« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 大阪の星・中村藍子ミルザ »

阪神大震災12年、前と後

ワタシは今は明石に住んでいるが、1年365日でいやおうなく過去の日に引き戻される日がある.
それは今日1月17日、震災の起こった日だ.

神戸に就職して15年.

12年前のあの日は、入社3年目のこと.
入社早々に会社のテニス部に入り、地域のトーナメントやクラブ対抗戦に、クラブ幹事にと年中忙しくしていた.

ちょうど前年の10月に異動になり勤務地が神戸市内ではなくなったのだが、同期やテニスの仲間とは相変わらず神戸が中心地だった.

転勤の3ヵ月後.
1月17日.

兵庫の地元では単に「震災(シンサイ)」と呼ぶその日が来て、何もかもが変わってしまった.

神戸の繁華街が活動を停止し、臨海部のテニスコートには仮設住宅が建ち、地域のテニス大会ものきなみ中止になった. 急にテニスをするような環境ではなくなったわけだ.

神戸にあるテニスコートに行く交通手段も無事ではなかったが、それでも一般道など数日で通行ができるようになった.

かつての仲間たちはテニスを始めてはいたのだけれど、なんとなくそもそもラケット持って大きな被害を受けた神戸を通り抜けるのがははばかられた.

そんなこんなでワタシ自身は神戸のテニスから遠ざかり、神戸の隣の播磨地区でのテニスになじんでいった.
結局、以来数えるほどしか神戸のテニスコートには行っていない.

今でも思い出すのが、震災前の新入社員時代の週末に1日中テニスをして、テニスコート傍の中華料理屋でみんなでラーメン+ビールを注文したこと、神戸OPAのテニスショップでガットを張ったこと、名門・神戸ローンテニスクラブの赤土で試合をしたこと.

すべて震災前のことで、ワタシのテニスの記憶は震災の前と後とできれいに分断されている.

あれから12年がたち、干支も再びイノシシがやってきた.
なんだか本当にひとまわりした感じがする.

道もきれいに広くなり、道路わきの更地も残ってなくて、立派な高いビルも立ち並ぶ.

でもきっと震災を経験した人は忘れないんだろうな.
かつてのちょっとゴミゴミして狭い路地の神戸の街の姿も、そして震災で街が燃える黒い煙の恐怖感も.

ballRedline3Redline3Redline3
人気blogランキングへ + にほんブログ村
テニスBlog見るなら!

|

« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 大阪の星・中村藍子ミルザ »

その他」カテゴリの記事

コメント

そうそう、新神戸OPAのショップは、『ミナミスポーツ』でした.
毎回ガット張ってたのに、ショップ名が出てこないのが年月を感じます.
当時エレッセとかバーンとメインに置いていて、凄い垢抜けたスポーツ店だってイメージを持ちました.


震災当日は、知らずにクルマで出勤して、状況に驚いたという方、結構身近で多く聞きました.

道路規制がかなり遅かったみたい.

震災当時の記憶も、話すと思い出すのですが、イメージが断片的になってきて時系列とかバラバラになってきてます.12年というのはやっぱり長い.

投稿: TickTack>ピア | 2007/01/21 午前 01時24分

こんにちは。
OPAのミナミスポーツは私もよく通っていました。
あの日は職場の被害状況を見たあと、なぜか三ノ宮に車で出かけました。
早朝の山麓バイパスは車も少なく、規制も全くありませんでした。
まだ、高速道路が倒壊したことも知らず、柏井ビルもまだ倒壊しておらず、道路も通行できました。
ですが、日本生命ビルの5階部分が潰れているのを見て、「これはもしかするとエライことが起きたのかも?」と思いました。
「長田がたいへんなことになっているらしい!」と聞いたのもその頃です。
忘れてはいけないことはたくさんありますね。

投稿: ピア | 2007/01/19 午後 04時16分

ご無沙汰ですね.
浅越さんショックも癒えた頃でしょうか.

さて震災の話ですが、ワタシなんか被災者に入りません. 揺れは体験しましたし余震も凄かったですが、なにせ当時は神戸から電車で1時間あまりも離れた寮住まい.

当日の模様はスレイブさんと同じくTVで見たのです.

それから毎日ぺらぺらの1枚しかない神戸新聞で、やらいことがおきたと段々実感した記憶があります.

人の限界というか、どうにもならん力の存在は今でも感じます.

投稿: TickTack>スレイブ | 2007/01/19 午前 01時03分

 ちょっとご無沙汰しております。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 Tick Tackさんが、かの震災を経験されていたとは。
僕は当事(今もですが)東京にいたのですが、TV画面に映る、まるで空襲にでも遭ったかのような町並みはひどく現実感がなく、まるで映画の1シーンのように感じたことを覚えています。
現実には、あの災害を強く生き抜いた人たちがいるのですよね。

投稿: スレイブ | 2007/01/18 午後 04時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/13551630

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災12年、前と後:

« メンテナンスのお知らせ | トップページ | 大阪の星・中村藍子ミルザ »