« 春先・吹雪の日のテニスは | トップページ | 明治末期のコートが出現 »

逆襲のドキッチ

デビュー当時のインパクトも薄れつつある忘却の彼方にあるエレナ・ドキッチ.

活動数年で引退したのかと思っていたら、どうやら復活の兆しあり.
◇「私は復活できる」 元世界4位のドキッチが再起に向け始動 on Tennis.365

 元世界ランキング4位のJ・ドキッチ(セルビア)がトップ30復帰を目指し再び動き出した。ドキッチはツアー通算5勝をあげ、1999年のウィンブルドンでは予選勝ちあがりながら1回戦でトップシードのM・ヒンギス(スイス)を破り、2002年8月には世界4位まで上り詰めるなど注目を集めたが、その後ランキングを下げ、現在は586位まで下降している
セルビアの○○ビッチといえば、今はすっかりヤンコビッチがトップとの認識だったが、きましたかドキッチ.

デビュー当時はまだオーストラリアに住んでいて、数々のコート外のトラブルからイメージ的には”ヒール(悪役)”っぽいドキッチ.

まぁ昔の活躍を見せてくれればおもしろいので、期待しましょう.

----
過去記事
2006/09/09,○○○ビッチ増殖計画

外部リンク
エレナ・ドキッチ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エレナ・ドキッチ公式ホームページ
..ウイルスバスターが「危険なサイトです」と警告表示するほど凄いスパイウェアが仕込まれているみたい.
要注意サイトです.自己責任でどうぞ.

ballRedline3Redline3Redline3
人気blogランキングへ + にほんブログ村
テニスBlog見るなら!

|

« 春先・吹雪の日のテニスは | トップページ | 明治末期のコートが出現 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/12938504

この記事へのトラックバック一覧です: 逆襲のドキッチ:

« 春先・吹雪の日のテニスは | トップページ | 明治末期のコートが出現 »