« USオープン東欧州連合軍 | トップページ | アガシ・イン・バッグ未遂 »

最後の軟式出身トッププロ

USオープンを最後に引退する浅越さんであるが、実は軟式出身で硬式は中学から(園田学園中等部)という特異な経歴の持ち主だ.

そこでwikipediaを利用して、今回のUSオープン出場選手のテニス開始年齢を比較してみたいと思う.

 -----
 PR:人気blogランキングへ
-----

まず、浅越しのぶ さん リンク(あさごえ しのぶ、英語表記:Shinobu Asagoe, 1976年6月28日 - )
公式ページのプロフィールでは小学4年生(10歳)で軟式を開始、中学1年(13歳)で硬式を開始.
軟式時代には全国大会にも出場しているので、軟式でもかなりのものだっただろう.兵庫県赤穂郡上郡町出身.

杉山 愛さん リンク(すぎやま あい, 1975年7月5日 - )
浅越さんの1学年上になるが、今後もエースとして活躍するだろう.
公式webのプロフィールではテニス開始は5歳.本格開始は7歳とある. さすがは恵まれた環境で育っている.

中村 藍子さん リンク(なかむら あいこ, 1983年12月28日 - )
テニス開始は同じく5歳. 大阪府大阪市天王寺区出身.

森上 亜希子 さん リンク(もりがみ あきこ, 1980年1月12日 - )
テニス開始は7歳. 大阪市生野区出身.

佐伯 美穂 さん リンク(さえき みほ, 1976年3月18日 - )
杉山さんとは同級生にあたる.
テニス開始はやや遅めの11歳.アメリカ・ニューヨーク市出身(USオープンは地元ですね~).

森田 あゆみ さん リンク(もりた あゆみ, 1990年3月11日 - )
テニス開始は小学生からとあるが開始実年齢不明.
ただし、11歳の時点で「全日本ジュニアテニス選手権」12歳以下の部で優勝.
史上最年少の15歳でプロデビュー.

wikipediaデータ無し
波形純理 さん、添田豪さん、久松志保さん、高雄恵利加さん、不田涼子さん.

--
こうして比較してみると、浅越さんのテニス出発点はかなり変わっている.
軟式から入った選手は他に居ないし、13歳で硬式開始でトッププロになった選手も他に居ないと思う.

一般的によくある軟式から硬式への転向であるが、トッププロではあまり例が無いようだ.
1976年生まれの浅越さんの小学生時代というから、ほぼワタシが軟式なっていたころと重なる.

当時はまだ軟式ではウッドラケットが残っていた.
グラファイトは強度が足りず、よく折れていた.

浅越さんもカワサキやフタバヤのウッドラケットが出発点だったかもしれない.

ballRedline3Redline3Redline3Redline3Redline3

人気blogランキングへ + * FC2ranking * + * にほんブログ村 *
テニスBlog見るなら!

|

« USオープン東欧州連合軍 | トップページ | アガシ・イン・バッグ未遂 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

軟式と硬式は少なくとも80年代くらいまでは、今よりもっと近かった気がします.

軟式が好むクレーのコートが減って、オムニが増殖したのが今みたいに別のスポーツになってしまった原因かもしれませんね.

98年引退の雉子牟田直ちゃんと浅越さん以外にはプロで軟式出身はいないようです.

投稿: TickTack>スレイブさん | 2006/09/02 午前 01時13分

そうです.
雉子牟田の直ちゃん(妹のほう)を忘れてました.

彼女はなんと中学3年まで軟式テニスしてましたね.

1972年3月生まれの直ちゃんはワタシと誕生日がとても近いので驚いた記憶があります.

1992年 20歳でプロ転向、1998年におねえちゃんを追うかのようにたった実働6年の26歳で早々に引退.

硬式始めて5年プロデビューして、世界43位まで行ったのは凄いです.

ここに記録ありました.
http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp/ic_c/icc_index.htm

投稿: TickTack>なかむらさん | 2006/09/02 午前 01時09分

こんばんは、はじめまして。
間違っていたらすみません。すでに引退している雉牟田さんのお姉さんか、妹さんは中学時代軟式テニスをやっていたような気がします。

投稿: なかむら | 2006/09/01 午後 11時26分

 浅越さんが軟式をやっていたことは知っていましたが(田園学園のテニス部に軟式のラケットを持って入部したエピソードは本人も語っていましたね)
全国大会に出場したと言うことは知りませんでした。

 あの、ボールを前で捕らえて思いっきり降りぬくストロークは軟式で培われたものなのでしょうか。
(軟式は全くわからないのですが・・・)

 軟式を経て、大学や社会人で硬式に転向というアマチュアは確かに多いですね。
しかし、それも硬式テニスを子供時代からはじめることが出来るようになった現在では減りつつあるのでしょうね。

 アマチュアでもそういう状態なのですから、ましてやプロでは…。

 最後の軟式出身トッププロ…言い得ていると思います。

投稿: スレイブ | 2006/08/31 午後 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/11693649

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の軟式出身トッププロ:

« USオープン東欧州連合軍 | トップページ | アガシ・イン・バッグ未遂 »