« スクールもウィニーの餌食 | トップページ | ニッポン、ちゃちゃちゃ! »

ダブルス・蜘蛛の布陣

草トーナメントやクラブ対抗戦にダブルスで出場すると、見かける"超"のつくベテ
ランペア.

観察すると、どうみても60歳前後にしか見えない.
動きもスローモーなのだが、ほとんど脂分の無い引き締まった体つき.

試合前の練習でも、軽くタッチを確認する程度でリラックスムード.
ボールの軌道も山なりだ.

「こりゃ楽勝だ、ラッキー!」
なんてことを考えていると、痛い目にあう.

 -----
 PR:人気blogランキングへ
-----

超ベテランペアの特徴は...
 - とにかくミスショットは少ない、ってゆーかミスの確率0.1%. 無限に打ち続けるかも.
 - ラリーはほとんど山なりでロブ多用、それもコースは多様.
 - 陣形はオーソドックスな前衛・後衛分担制. 平行陣もたまにするが決めるときだけ.
 - ポジショニングが絶妙. こちらが打ったところで待ち構えている感じ.
 - ダッシュは苦手であまり走れない. ロブ以外の左右で振られると追いかけない.

ひとことで言うならば、そのダブルス陣形は蜘蛛の布陣."待ち"のテニス.
相手がミスするのをひたすら待って待って、決めるボールを確実にアングルに決め
る.
Image02

打ってくるショットも、オープンコートではなく相手の立つ位置に微妙に難しいボールを打ってくる.
これはアングルで打つとアングルで自分に返ってくるのを防止する目的と考えられる.
ベテランは走れないので.

そして深いロブボール、ボレーヤーの足元、バックハイボレー、しかしどれもがスピードを殺したゆっくりボール.
これを、あせって決めにいったり、攻め急いだりしてペチッとネットにかけたりすると相手の思う壺.

また口も彼らの武器だ.
「まいった~」とか「ナイスショット~」とか相手をほめ殺しにする.
これで調子に乗ってバンバン打ち込んでミスショットで自滅するペアのなんと多いことか..

ダブルス・蜘蛛の布陣
魔の触手は、したたかで勝利には とても貪欲である.

ballRedline3Redline3Redline3Redline3Redline3

人気blogランキングへ + * FC2ranking * + * にほんブログ村 *
テニスBlog見るなら!

|

« スクールもウィニーの餌食 | トップページ | ニッポン、ちゃちゃちゃ! »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

試合初心者が陥りやすい『破滅への序曲』ですかぁ、いろいろネタありますね.

おもしろそう。

投稿: TickTack>ドナドナ | 2006/08/05 午後 11時45分

久しぶりの心理戦記事面白かったです。
次は逆のパターン、試合初心者が陥りやすい『破滅への序曲』をお願いしますね。

投稿: ドナドナ | 2006/08/05 午前 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/11269624

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス・蜘蛛の布陣:

« スクールもウィニーの餌食 | トップページ | ニッポン、ちゃちゃちゃ! »