« ロディ・アレンと遊沢了 | トップページ | ロディック噂シャラポワ »

怪我の季節と梅雨の功名

なじみにしているTennis.365の『ラケットを握った外科医』
先月のお題は、スポーツマンの5月病.

整形外科医院で年間最も新患が来ないのが4月、この理由は何か?という内容です.
あっ!なるほどなぁ...という関係が分かっておもしろい.

ご一読を.

PR:Blog Ranking
----

季節は替わって、6月.
雨ばかりの4月5月を終えて、入梅入り宣言したとたんに今度は空梅雨.

今年はとにかく妙な気候だ.

C1a_023
自分の学生時代..といってももう一昔の話.
フィリピンだか何だかの大きな火山が噴火した影響で、すごく夕日が赤かった頃.

6月といえば、雨ばかりでとてもテニスができる環境ではなかった.
クレーコートで梅雨時期なんて、もはや何のクラブか分からないくらい屋内トレーニングばかり.

雨がやんでもロードに出て、マラソントレーニング.

こうして、春にはコートにあふれた新入部員をふるいにかけたわけだ.
怪我しがちな5月をやり過ごし、本格的な夏の前にある体力トレーニングの季節、それが梅雨という季節.

今の学生たちも、校舎の階段で『一輪車』とか『おんぶ駆け』とかしてるのかなー
してないだろうな.

あれを乗り越えると、基礎体力と柔軟性がついて夏に怪我しなくなるんだが.

ball

ranking + FC2ranking + にほんブログ村 テニスブログへ
テニスBlog見るなら!

|

« ロディ・アレンと遊沢了 | トップページ | ロディック噂シャラポワ »

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/10541206

この記事へのトラックバック一覧です: 怪我の季節と梅雨の功名:

« ロディ・アレンと遊沢了 | トップページ | ロディック噂シャラポワ »