« ブログランキングあれこれ | トップページ | フェドカップ勝、次は7月 »

フェドカップで王手!

女子テニスの国別対抗戦、フェドカップの日本vs.スイス戦.
日本のホーム有明テニスの森公園で行われている.

◇日本は初日でスイスに2勝◇フェドカップ on Tennis.365

有明テニスの森公園で行われているフェドカップ・ワールドグループ2の1回戦、日本対スイス戦が行われ、日本のエース杉山 愛(日本)、中村 藍子(日本)がともに勝利して、初日を終えたところで2勝0敗とリードした。

試合前に怪我をしたという杉山選手、時代の看板選手である中村選手のシングル連勝で王手をかけた今日の結果.

Logo_menu_fed
フェドカップでは上の立場になるスイスはいえ、相手はともに16歳の選手.
一気に..とはいかず仲良く1セットずつを落として日本連勝.

杉山 - シュテファニー・フェーゲレ 6-2、4-6、6-1
中村 - ティメア・バシンスキー6-2、3-6、6-1

それはいいとして、ふと思うのが相手のスイスの代表選手.

ヒンギスとシュニーダーというWTAの一流選手が出場していない.

聞けば、ヒンギス(国内の規定で参加不可)、P・シュニーダー(スケジュールの都合で参加見合わせ)とのこと.
それで代表にジュニアの16歳選手を1・2で出してくるのか?

スイスのテニス協会の考えはこれだけではよく分からない.
しかし、なんとなくテニスに対する考え方というか、フェドカップに対する考え方の違いが見える.

日本代表で言うなら、期待の星・森田あゆみをシングルス1で持ってくるなんて有りえない.
ところがスイス代表はそれをやってきた.

推察するに、例えヒンギス・シュニーダーの2枚看板が使えなくても、スイス国内にベテラン選手はいたはず.
それを使わずにジュニアの選手を代表に持ってくるということは、スイスチームは若手に経験を積ませる場としてフェドカップを捉えているらしい

フェーゲレとバシンスキーは敗れたものの、日本相手のシングル戦できっちり1セットを奪ってきた.
きつい東向きの時差ぼけのあるアウェイでだ.
(朝が7時間も早いだなんて勘弁してほしいもんだ)

数年先にはきっとWTA上位ランキングで活躍する選手だろうと思う.

なんだか、スイスはテニスのフトコロが深い.
日本代フェドカップ公式ページ

追記:
フェドカップ公式記録を見ると、日本代表も昔は思い切ったことをしていたらしい.

沢松奈緒子
Youngest Player 15 years 256 days
Naoko SAWAMATSU (KOR v JPN)

1988年のフェドカップに当時15歳の沢松奈緒子選手が出場.
うーむ..隔世の感.

ball

ranking + FC2ranking + にほんブログ村 テニスブログへ
テニスBlog見るなら!

|

« ブログランキングあれこれ | トップページ | フェドカップ勝、次は7月 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/9716626

この記事へのトラックバック一覧です: フェドカップで王手!:

« ブログランキングあれこれ | トップページ | フェドカップ勝、次は7月 »