« シャラポワドラマデビュー | トップページ | イギリスの抗議禁止文化 »

教えて、ナスダック100

結局女子はクズネツォワが優勝したナスダック100オープン.
シャラポワも勢いはあったけど最後に息切れしたか.

◇テニス=ナスダック100オープン女子、クズネツォワがシャラポワを下し優勝 on Yahoo/ロイター

男女テニスのナスダック100オープンは1日、当地で女子シングルス決勝を行い、第12シードのスベトラーナ・クズネツォワが第4シードのマリア・シャラポワ(ともにロシア)を6―4、6―3で下し、ツアー通算6回目の優勝を果たした。
 クズネツォワの優勝は2004年9月以来。
シャラポワは準決勝から押されっぱなしだったわけだ.クズネツォワも忘れたころにしっかりと存在感を示すんだな.

そんなことより前から気になっていた、大会名のナスダック100.
ナスダックってのは聞いた事がけれど、その後についている100ってのはナンだ?

Googleってみた.

◇質問:ナスダックとは、何の略ですか? on 教えてGoo

ナスダックはニューヨーク証券取引所と並んで、アメリカを代表する株の取引システムのことですね。
日本にも東京証券取引所と並んで、ジャスダックという取引所があります。

以前日本にもソフトバンクがナスダックジャパンを作りましたが、うまくいかずにナスダックと提携を解消して、現在はヘラクレスという名称で取引を行っています。

なるほどー.
株の取引しシステムが大会のスポンサーだったわけね.

でも100って何よ.

◇[PDF]解 説 ダウ・ジョーンズ工業株平均及び ナスダック100の概要 on http://www.ose.or.jp/futures/

ナスダック100とは
アメリカのナスダック市場に登録されている、時価総額が大きく売上高の多い100銘柄を構成銘柄とする時価総額加重方式の株価指数で、1985年2月1日から算出されている。1985年1月31日の基準値を250として算出されていたが、1994年1月1日に基準時価総額が2倍となり、指数値は、それ以前と比べて2分の1となっている.
さっぱり意味わからん.
株価平均を出すための上位100銘柄を選んで平均を取っているってことみたい.

東証株価平均みたいなもんなのか?
なぜソレがスポンサー名に?

謎は更に深まる...

ball

ranking + FC2ranking + にほんブログ村 テニスブログへ
テニスBlog見るなら!


|

« シャラポワドラマデビュー | トップページ | イギリスの抗議禁止文化 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

フェデラーは、試合のときの鬼神のごとくの表情と、ファンと接するときの笑顔の変化がものすごくて好きです.

本当は優しい人間なのだろうな..

フェデラーで一番びっくりしたのは、語学力.
スイス・バーゼル出身だからフランス語もばっちり.

ファンとフランス語で談笑した直後に、英語でこれまた綺麗な発音と.


投稿: Ticktack>すなお | 2006/04/10 午前 12時37分

TickTackさん

間違いなくそれですよ。ナスダック、なすだっく、ナスダック。
呪文のように唱えている(書いている)うちに、Googleのページランクアップか(笑)

フェデラーのTBもありがとうございます。
彼のファンですが、彼は語り口調は自信満々でときどき鼻につくか、と思うときもあります。
でもやっぱり真の王者はただ強くていばったこと言っているだけじゃなくて、なんか周りのためにやりますね。
自分もビックになってそんなことをやってみたいですが、現実は自分の生活でせいいーぱーいー!

投稿: すなお | 2006/04/07 午後 04時55分

わかんないですねぇ.

でも、こうして我々が話題にしていることでスポンサー効果はあるのでしょうね.

まんまと...

投稿: Ticktack>すなお | 2006/04/06 午後 11時09分

TickTackさん

コメントありがとうございます。
ナスダック100わかんないですね。
しかも後ろには999のロゴも。
なんの数字だ?
公式のサイトも調べてみましたが特になんの情報もなかったようだし?!

投稿: すなお | 2006/04/06 午後 03時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/9418912

この記事へのトラックバック一覧です: 教えて、ナスダック100:

« シャラポワドラマデビュー | トップページ | イギリスの抗議禁止文化 »