« 塀の中でテニス・ノルウェー | トップページ | ボルグ続報とマック説得 »

インスタントリプレー功罪

一昨日に記事予告をしたインスタントリプレー実施の話.
ナスダック100オープンが開催中で、これは初のリプレー判定ビデオ導入大会.

国際テニス連盟(ITF)が『ライン付近の微妙な判定にビデオを導入することを承認』していたが、その先陣を切って全米テニス協会が実運用を開始した.

なかなか細かい使用の決まりがあるようだが、選手にはまあまあ好評らしい.

◇インスタントリプレー実施。中村は初戦敗退◇ナスダックオープン on Tennis.365

タイブレイクが導入されて以来、36年ぶりの大規模なルール改正となっている今回のリプレーだが、再生にかかる時間もほとんどかからず、試合の流れに支障をきたすこともなく選手には評判が良いようだ。
この試合では両者ともに2回ずつリプレーを要求し、1度だけ判定が覆った。試合はジャクソンが7-5, 6-7 (3-7), 7-5の接戦を制している。
初めてインスタント・リプレーを要求した選手となったジャクソンが、その恩恵かどうか、接戦を制しての勝利となったようで.

肝心のインスタントリプレーのルールが記事に書いてないのでよく分からなかったが、「ちくみんぶろぐ」で書かれていたので引用.

◇【テニス】インスタントリプレー on ちくみんぶろぐ

ジャッジに疑問があれば1セットに2回までリプレイ映像で確認できるシステム
ふむふむ今回のルールでは1セットに2回まで要求できるということだな.

まぁゲーム中断としては妥当な線だろう.
あまり頻繁にビデオで確認されるとたまらんわけだし.

インスタントリプレーという語句でGoogleって見るとテニスではなく、アメフト(NFLなど)でHITする.
どうやらアメフトのルールを貸りてきて、テニスに若干アレンジして使っているようだ.

アメリカの選手なら、TVで見ててなじみ深いルールなのかもしれない.

インスタントリプレイ 解 説 引用ページ

インスタントリプレイとは
得点やターンオーバーなど試合を決定付ける重要なプレイをビデオリプレイよって判定するシステム。 1986-91年にかけて導入されていたが、試合の遅延問題などによって廃止され、 1999年にシステム修正して再導入された。
ルール
チャレンジ
対戦する両チームの監督はきわどい判定に対してインスタントリプレイを主審に要求でき、これを「チャレンジ」という。チャレンジできるのは試合時間 60分の内 56分間。前後半最後の 2分間はチャレンジできない。チャレンジ要求は 1チームにつき 2回。リプレイによって判定が覆ればタイムアウトは減らないが、覆らなければタイムアウトが減る。
アメフトではインスタントリプレーは要求できるが、万一判定に間違いなければタイムアウトの権利を失う.

テニスではタイムアウトなんて無いから、失うものは何もない.
2ゲーム毎のインターバル選手二人に平等だしね.

「チャレンジ」と「インスタント・リプレー」 引用ページ

このリプレーは「インスタント・リプレー」システムといい、数年前から採用されたり不採用になったりしています。不採用の理由は(それでなくとも長い)ゲーム時間が長くなること、ゲームが間延びすること、オフィシャルの権威が低まることなどが上げられています。現在の採用も恒久的なものではなくて時限的なものです。

 さて、インスタント・リプレーにも確固たるフィロソフィーがあります。それは「明らかに判定が間違っているという証拠がない限りは、フィールドでのコールを優先する」というルールです。この1文によってオフィシャルの権威は守られているのです。

このビデオ導入というのは、ここで指摘されている問題を内包している.

つまり相対的にレフェリーの権威低下を招くのである.

審判のジャッジはコートの上で絶対であり、事実とは審判のジャッジのことだ.
実際のインだろうと審判がアウトのコールなら、コート上の事実はアウトなのだ.

こうして審判の権威は守られてきた.

センサーを用いて、機械の力で間違いなく判定したり、ビデオでリプレーを見る事を要求するっていうことは、勝ち負けの個人プレーにはやっぱりそぐわないと思う.
---
関連過去記事:
2006/03/08, テニスでビデオ判定導入へ
ball

ranking + FC2ranking + にほんブログ村 テニスブログへ
テニスBlog見るなら!

|

« 塀の中でテニス・ノルウェー | トップページ | ボルグ続報とマック説得 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントテスト
(ココログでシステムが変わったらしいので)

投稿: Ticktack | 2006/03/29 午前 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/9304293

この記事へのトラックバック一覧です: インスタントリプレー功罪:

« 塀の中でテニス・ノルウェー | トップページ | ボルグ続報とマック説得 »