« ボリス・ベッカーF1挑戦 | トップページ | マッケンロー、ツアー復帰 »

視覚強化コンタクトレンズ

選手の視覚を鋭敏にするという、スポーツ選手ご用達のコンタクトレンズをナイキが開発したという.

◇選手の視覚を鋭敏にするナイキのコンタクトレンズ on Yahoo.NEWS

ナイキ社はコンタクトレンズ・メーカーの米ボシュロム社と共同で、スポーツ選手のパフォーマンスを向上させるコンタクトレンズ『マックスサイト』を開発した。アスリート向けの使い捨てカラーコンタクトで、まぶしい光を抑えて対象物が鮮明に見えるように着色されている。
トップランクにあるテニス選手でも、プライベートではメガネをかけている人は多い.

もちろん我々、というか日本人は元々メガネが多い.

ところがテニスというやつは、屋外でやる上に、動くボールを動きながら追いかけるという、目にとっては非常にシビアな環境で成り立っている.

この新開発コンタクトレンズは紫外線をカットするうえに、光学技術でアスリートの能力を高めてくれるそうだ.

「視覚ノイズ」の主要素である青色光の90%をカットして対象物を際立たせる。さらに、ナイキ社が『ライト・アーキテクチャー』と呼ぶプロセスによって、レンズを透過する残りの光線の明度と色相を操作する。その結果、視認性が向上する。野球のボールの縫い目がより鮮明に、日陰の中にあるものがより明確に見えるようになる。芝生の芝の葉の1枚1枚まで確認できる。
うーん、SFチック!
ノリは仮面ライダーの改造人間に近い描写だ.

レンズの色は2色.
アンバー:野球やテニスのように動きの速い物体を背景から識別する必要のあるスポーツに向く
グレーグリーン:ゴルフのように背景そのものの視認が重要なスポーツに適す

しかーし.
話は良いことだけでは終わらない.

見よ、この不穏な面構えを.

まるっきり、ターミネータやロボコップだ.
...いや、バイオハザードか?!

目が赤くて怖いのだ.

赤みがかった眼になる。ナイキ社によると、選手に、この恐ろしげな瞳の印象が和らぐよう改良したほうがよいかと尋ねたところ、圧倒的多数が「このままでいい」と答えたという。
 「赤い眼によって威圧的に見せることができ、勝負で優位に立てると感じるようだ」と、リーチョウ氏は語る。
んんー、プロの選手はいいかもしれんよ、それ.

ただ我々一般ピーポーが、赤い不穏な目でテニスってのもな.

また、コンタクトなだけに、白眼やまぶたは紫外線から保護されないという弱点も持つ.

興味のある方、ぜひ体験レポートを聞かせてくださいませませ.

ball

ranking
テニスBlog見るなら!

|

« ボリス・ベッカーF1挑戦 | トップページ | マッケンロー、ツアー復帰 »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/8599767

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚強化コンタクトレンズ:

« ボリス・ベッカーF1挑戦 | トップページ | マッケンロー、ツアー復帰 »