« 鈴木・岩渕優勝「バックサイドが嫌」 | トップページ | ニック・ボロテリーの教え »

数cmアウトの1球/アンチッチ

AIGジャパンオープン男子シングルスはノーシードの選手が優勝するという意外な結末だった.

ムーディがアンチッチに逆転勝ちし、ツアー初優勝 on Tennis.365

日本で行われる唯一の男子ATPツアーであるAIGジャパンオープン、最終日の日曜日に男子決勝が行われ、ノーシードのW・ムーディ(南アフリカ)が第5シードのM・アンチッチ(クロアチア)を1-6, 7-6(9-7), 6-4で下し優勝を決めた。
NHKの録画を流し見してて、観客席に見慣れない国旗があるなぁ、と思った.
ムーディって南アフリカの選手なんだ、って言うより南アフリカ出身の選手を始めて知った.
ハリーポッターの登場人物(マッドアイ・ムーディー)みたいな名前だ.

NHKの放送では、女子シングル決勝が早く終わったオマケっぽい扱いで、2セット終盤のタイブレと3セット終盤のみ放送.

10002984 マリオ・アンチッチ Mario Ancic
(ATP13位)
使用ラケット: YONEX ULTIMUM RD Ti80
(浅越しのぶと同じ)

1セット目の14分で終わったアンチッチの猛攻は見れなかった.
だからなんだか、ムーディーの粘りとアンチッチの試合後の落ち込みばかりが印象に残った.

アンチッチの落ち込むシーン第一位はあれだろう.
2セット目のタイブレ、6-5マッチポイントで迎えてあと1本のところ.
ムーディー執拗なネットの詰めに対して、アンチッチはスピンロブ、これは決まったーって観客誰もが思ったが、わずかに数cmのアウト.

アンチッチは結局粘り切られて2セット目を落とし、3セットもブレークされて鮮やかな逆転負け.

多分、テニスしてる人みんなが心当たりあるのではないだろうか.
あの1球が入っていれば

ソレも完全に相手を抜いていて、マッチポイントで、狙い通りのコースに飛んだ球で...アウト

それがテニスだと言えばそうなのであるが、あまりに厳しい、そんなアンチッチとムーディの決勝だった.

で、女子のバイディソバとゴロバンの試合については...また明日.
またもやフロリダのアカデミー出身ですな.

 
ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 スポーツブログへMyBlogList

|

« 鈴木・岩渕優勝「バックサイドが嫌」 | トップページ | ニック・ボロテリーの教え »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/6345837

この記事へのトラックバック一覧です: 数cmアウトの1球/アンチッチ:

« 鈴木・岩渕優勝「バックサイドが嫌」 | トップページ | ニック・ボロテリーの教え »