« 週間ココログ・ガイド!掲載 | トップページ | まず、試合をしてみよう♪ »

攻めダブルス陣形,戦略

今日はtactics=戦略ネタをば.

ダブルスのネットに詰める攻撃陣形の基本は、「ストレートアップ」と呼ばれるオーソドックスな型だ.

これは、前衛二人ともがネットにつめるのではなく、向かってクロス側がサービスラインあたりでロブを警戒しつつ、つなぎのボレーで機をとらえ攻めて行く.

この陣形であれば、陣形的にセンターへのプレッシャーはそれほどでもない.
もちろんポーチ可能な前衛次第という面はある.

この陣形の弱点は、ショートロスの対応だ. 実際カバーが届かないのだ.
まずセンター気味に一本ローボレーさせられて、次にショートクロスに打たれること.
これをやられるとクロス側がコート外に追い出された結果、真ん中がら空きになり陣形がガタガタになる.

そこを改良した、二人とも、もっとセンターへのプレッシャーをかける陣形がある.

ファーストボレーの際に、まず相手コートのクロスに深いボレーを打ち、相手を下がらせた上で次に意図的ショートクロスに刻んだボレーを打つ.

そのままクロス側がセンターネットに詰める、もともとの前衛は若干下がってクロスロブ警戒.
相手が打つコースを全て塞いでしまう強固な攻撃陣形だ.

ダブルス陣形としてはちょっと高難度だが、一気に攻めのセットプレーに持っていける陣形だ.
特に女子ダブでは拾ってつなぐのが試合の基本となるわけだが、刻むボレーを混ぜることで試合を有利に進められるのではないだろうか.

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 ポータルブログへMyBlogList

|

« 週間ココログ・ガイド!掲載 | トップページ | まず、試合をしてみよう♪ »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5963452

この記事へのトラックバック一覧です: 攻めダブルス陣形,戦略:

« 週間ココログ・ガイド!掲載 | トップページ | まず、試合をしてみよう♪ »