« 次はエナンと対決よbyキム | トップページ | フェデラー傾向と対策 »

試合前のストローク練習

シングルスの試合の時、もっともオーソドックスな試合展開を考えてみる.
基本はクロスでのラリー,ストロークの打ち合いになるのが普通だ.

この乱打スタイル、クロスでの打ち合いにはそうなるべくちゃんとした理由がある.
シングルスの試合では、いかにオープンコートを作るかがポイントになるからだ.

ストレートに打ったのではボールに角度がつけられない.
これを、相手にカウンターとしてクロスにハードヒットされれば、こちらがピンチになる.

クロスに深いボールを打つ.
相手をコートの外側後ろ側に釘付けにしておく.
そして、機を見て仕掛ける.
これがシングルスでの常套手段、基本パターンになる.

つまりは、クロスでのラリーは攻守一体である.
ラリーの応酬をしているとき、お互いにそれぞれの戦略の中で、次の一手をシュミレートし組み立てしなければいけない.

こういったことを考えると、単に練習前のストローク=乱打はおろそかにできない.

つなげる中ロブ、攻めるスピン、つなげるスライス.
さらにバックハンドでのスピン,スライス等、あらゆる球種を試しながら乱打すべきなのだ.

ぼーっと乱打してる時間は、無いのだ.

練習のための練習になってはいけないのだ.


ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いしますにほんブログ村 ポータルブログへ

|

« 次はエナンと対決よbyキム | トップページ | フェデラー傾向と対策 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5917084

この記事へのトラックバック一覧です: 試合前のストローク練習:

« 次はエナンと対決よbyキム | トップページ | フェデラー傾向と対策 »