« 攻めダブルス陣形,戦略 | トップページ | FILAキャップと生態(アウトレットモール) »

まず、試合をしてみよう♪

テニスに限ったこっちゃないが、球遊び,いわゆる球技というのは、まずゲームをしてみるのが肝心だと思う.

球技というぐらいだから、ボールを使う.
ボールはなかなか思い通りにはコントロールできない.

陸上競技みたいに、運動能力に優れた人が必ず勝つわけじゃないのが、言うこと聞かないボールを使う競技のおもしろいところだ.

中でもテニスはボールを素手では触らない.
長い棒の先に網々付けて振り回すのだから、そう簡単に初心者が思い通りに打てたりはしない.
運動神経にずば抜けた人がやったとしてもだ. 

そこで、基本のルールだけ覚えたら、まず試合してみよう.

サーブが入らないなら、「3回までO.Kとしよう」,「サービスも、とにかくネットを越えて、相手コートに入ったら良しとしよう」なんてのでもいいんじゃない?

ゲームそのものを楽しんでみて、それから技術を学んでもいいんじゃないかと思う.

だいたいゲームをしてみると、安物でも良いので自分のラケットが欲しくなる.
ラケットを手に入れると、そのラケットを使いたいのでコートに足を運ぶようになる.

ラケットは、テニス以外には使いようがないからだ.
 ( まぁ、ふとん叩いてもとめはしないヨ )

コートに足を運べば、もうテニスをするしかない.
楽しんで打ってれば、自然と自分のうちやすいフォームになってくる.

ここで教えてもらうと、飲み込みが早い.

だいたい、このあたりで教わるとおもしろいんだなー.
これがテニスを楽しむツボだ.

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 スポーツブログへMyBlogList

|

« 攻めダブルス陣形,戦略 | トップページ | FILAキャップと生態(アウトレットモール) »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5978835

この記事へのトラックバック一覧です: まず、試合をしてみよう♪:

« 攻めダブルス陣形,戦略 | トップページ | FILAキャップと生態(アウトレットモール) »