« 杉山、怒りのコンビ決別、トドメ! | トップページ | 常敗無勝 を続けること »

手詰まり,センターセオリー

テニスのメモ帖 LOVE-ALLというwebで分かりやすい「ダブルスで最もよく見られる間違い」が書いてあった.

「守りとして打つべきボレーで攻撃する」等の基本的な内容に加えて、「どこに打ったらよいか迷うときには、センターに向かって打てがベストな選択です」とある.

シングルでもダブルスでも試合中に手詰まり起こしてジリ貧というケースはよくあるもの.

最後は基本にたちかえって、セオリー忠実というのは....頭では分かっている.
分かっていても、試合後には「あー、あれをあそこで気づいていれば」と思い返すものの、試合中はなかなか難しい.

今度団体戦3ダブルスでチーム組むわけだが、「手詰まりしたらセンターセオリー」試す価値はありそうだ.

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いしますにほんブログ村 ポータルブログへ

|

« 杉山、怒りのコンビ決別、トドメ! | トップページ | 常敗無勝 を続けること »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5837429

この記事へのトラックバック一覧です: 手詰まり,センターセオリー:

« 杉山、怒りのコンビ決別、トドメ! | トップページ | 常敗無勝 を続けること »