« テニスの試合で勝つために(第一条) | トップページ | 手詰まり,センターセオリー »

杉山、怒りのコンビ決別、トドメ!

おもしろい記事の対比をライブドアで見つけた.

杉山、怒りのコンビ決別/全米テニス

杉山がテニス界の美女に三くだり半を突きつけた。絶不調で、まったく動けないハンチュコバに、さすがの杉山も愛想を尽かした。「秋のシーズンは考え中。来季は、違ったパートナーと組むと思います」。はっきりとした決別宣言だった。
 ダブルスはコンビの力とはいえ、杉山の孤軍奮闘だけが目立った。ハンチュコバは、ほとんど棒立ち状態。第2「最後は疲れちゃって」。中国ペアに逆転を許し、8強入りを逃した。
 これまで、杉山が引っ張るペアとは、うまくいかなかった。今季はツアー優勝が1度だけ。「ダブルスを分かってないので、組んでいても面白くない」。いつもはペアをかばう杉山だが、この日だけは我慢の限界だった。

これだけなら、ダブルスを分かっている選手=杉山愛は正しい..なわけだが、おもしろいのはここからだ.

<全米テニス>混合ダブルスで杉山組敗退 シャラポワ4強へ

混合ダブルス準々決勝で、第5シードの杉山愛(ワコール)ケビン・ウリエット(ジンバブエ)組は5―7、2―6でダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)マヘシュ・ブパシ(インド)組に敗れ、4強入りを逃した。

 4強入りをかけて戦った相手は、99年に杉山と組んで混合ダブルス優勝を飾ったブパシと、今年の女子ダブルスで組んだハンチュコバのペア。因縁の戦いとなったが、自分と組んだ時に精彩を欠いたハンチュコバに、時速160キロのサーブを打ち込まれ、苦しんだ。「サーブがよかった。彼女にやられた」。

「ダブルスを分かってないので、組んでいても面白くない」というハンチュコバに時速160キロのサーブを叩き込まれ、翻弄される杉山愛選手.
 なんでそれを昨日の女子ダブでしてくれないのよ!という怒りが、珍しく試合中に二度のラケット叩き付けにつながったのかもしれない.

口は災いの元.

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いしますにほんブログ村 ポータルブログへ

|

« テニスの試合で勝つために(第一条) | トップページ | 手詰まり,センターセオリー »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

同じMaxply使用の同好の士ですな、はじめまして.

ミックスの話については、確かに同感です.
あれはまったく別の競技だと思います.

またミックスダブに関する記事をアップしたいと思います.

投稿: TickTack>clioclio | 2005/09/09 午後 11時34分

しかも二重投稿...
平にお許しをm(_ _)m.

投稿: clioclio | 2005/09/09 午後 04時25分

はじめまして.
丁稚さんのところからやってきました.
今後ともよろしくです.

杉山さんの名誉のためにちょっとだけ.
女子DとミックスDではやはり動きやコンビネーションが違うんだと思います.
ミックスでは力に勝る男子がしっかりと組み立てて,
チャンスボールを女子が決めるシチュエーションが多くみられます.
ハンチュコワさんのような
力のあるシングルスプレーヤーであれば
十分に活躍できるわけです.
彼女のサーブがよかった,というのも象徴的なコメントだと思います.
サーブに関しては個人の力が大きいわけですから.
しかし女子ダブルスの場合は,コンビネーションがより重要になります.
一方がダブルスの動きが出来ないと,他方には大きな負担がかかってきます.
ダブルススペシャリスト(杉山さん)と,ネットでの技術向上も兼ねて
ダブルスにエントリーしているシングルスプレーヤー(ダニエラさん)とでは,
試合への入り方にも若干の温度差があるのかも知れません.
そうしたことが一連の杉山発言につながっているんだと思います,たぶん.
シングルスとダブルスの違いがはっきりと現れていておもしろい事例だと思いました.

...なんて偉そうに解説してみました.お初なのに長々とすみません(^^;).

投稿: clioclio | 2005/09/09 午後 04時24分

はじめまして.
丁稚さんのところからやってきました.
今後ともよろしくです.

杉山さんの名誉のためにちょっとだけ.
女子DとミックスDではやはり動きやコンビネーションが違うんだと思います.
ミックスでは力に勝る男子がしっかりと組み立てて,
チャンスボールを女子が決めるシチュエーションが多くみられます.
ハンチュコワさんのような
力のあるシングルスプレーヤーであれば
十分に活躍できるわけです.
彼女のサーブがよかった,というのも象徴的なコメントだと思います.
サーブに関しては個人の力が大きいわけですから.
しかし女子ダブルスの場合は,コンビネーションがより重要になります.
一方がダブルスの動きが出来ないと,他方には大きな負担がかかってきます.
ダブルススペシャリスト(杉山さん)と,ネットでの技術向上も兼ねて
ダブルスにエントリーしているシングルスプレーヤー(ダニエラさん)とでは,
試合への入り方にも若干の温度差があるのかも知れません.
そうしたことが一連の杉山発言につながっているんだと思います,たぶん.
シングルスとダブルスの違いがはっきりと現れていておもしろい事例だと思いました.

...なんて偉そうに解説してみました.お初なのに長々とすみません(^^;).

投稿: | 2005/09/09 午後 04時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5836200

この記事へのトラックバック一覧です: 杉山、怒りのコンビ決別、トドメ!:

» US Open 2005 DAY11 [丁稚のテニス雑記帳]
前日のアガシvsブレークの興奮冷めやらぬUS Openですが、男子シングルスSF [続きを読む]

受信: 2005/09/09 午後 12時55分

« テニスの試合で勝つために(第一条) | トップページ | 手詰まり,センターセオリー »