« カフェで談笑ぴぴっと | トップページ | シャラポワ,ハナの差 »

軟テ出身プレーヤーの技

ワタシ自身を含めて、中学時代もしくは高校時代に軟テを経験したプレーヤーは多い。
硬式に転向して長い年数が経っていたとしても、硬式から始めた人とは違う雰囲気をまとっていると思う。

...というわけで、今日は軟テ流テニスについて。
slit
(1).フォアグリップ
軟テ出身のプレーヤーの特徴といえば、何はなくとも、まずブ厚いフォアグリップ。
強力なフォアハンドストロークを、ベースラインからガシガシ打ち込むのにもっとも適したグリップだ。

反面、回転を生かしたタッチショットやアプローチに不向きという点も覚えておかないといけない。

ワタシ自身は厚グリップと薄グリップを使い分けており(分けざるを得なくなって)、試合中もよくクルクルとグリップをまわしている。(たまにラケット落とします。オイ!)

(2).ハエたたきボレー

特に軟テの前衛出身に見られるボレーのプレースタイル。

ネットにベタ詰めで、ボールの真後ろから真下に叩きこみ、大きくバウンドするボレーと「ハイ!」という掛け声が特徴。
ダブルス専門の技だが、意外と試合でも見かけること多し。

「ハイ!」は無くてもいいのだが、幼少時の染み付いた習慣とは、げに恐ろしきモノ。

(3).どアンダーサーブ

セカンドサーブをオープンスタンスで構えて、ボールの下をこすりあげる感じで打つアンダーサーブ。
サウスポーの放つスライスサーブのような軌道で、バウンド後はバック側に不規則にはねる。

軟テの場合はサービスエースをとれるチャンスはほとんど無いため、カットする回転系セカンドサーブが基本だ。

それを生かした硬式への応用ですが、「アンダーなので攻めれる」と安易に考えると足元をすくわれる。
アドバンテージコートでコース狙われると、実はリターンが難しい。
デュースコートではカモかも。

(4).逆クロス

軟テの後衛出身は当然のことながら、逆クロスを苦にしない。

普段からオープンスタンスでフルスイングするので、逆クロスはちょうど肩と腰が入ってドライブが効きやすい。
おまけにリストをかぶせて、ナナメ順回転をかけるので、高くバック側にバウンドして逃げていく。
(文章だとイメージ分かりにくいかも)

ただし、逆クロスのカウンターである、ダウンザラインのスライスに超弱い。
分かってやってるのが、軟テ後衛の頑固な職人気質。(逆クロは連発すると肩も腰も疲れる)

--
あなたのまわりにも必ずいるはず。愛すべき軟テ出身プレーヤー。

関連web:ソフトテニスボール アカエム on SHOWA

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします

|

« カフェで談笑ぴぴっと | トップページ | シャラポワ,ハナの差 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/マイテニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5665757

この記事へのトラックバック一覧です: 軟テ出身プレーヤーの技:

« カフェで談笑ぴぴっと | トップページ | シャラポワ,ハナの差 »