« ノースリーブ(女性テニスウェア) | トップページ | スポ荷台ツ・スター »

レベルアップのための練習

最近は初級者にコーチングすることも多くなってきた。
前は、もっと上級の上手い人が教えた方が..と思って積極的にはコーチしてなかったが、どうやら上手い人というには必ずしも初心者に教えられないらしい。

なぜなら、上手い人のテニスは初心者が真似できないことがあるのだ。
運動能力を生かしたテニスだと。

で、戦略とか相手の弱点を突くワタシのテニスの出番となるわけだ。

今日はコーチングに使えそうな、レベルアップのための練習というwebを見つけた。

アプローチショットとボレーの練習

サービスライン付近に落ちる短いボールは、ほんとうはチャンスボールなのですが、初級者のレベルでは、なかなか生かすことができません。初級者は短いボールを返球したあと、またベースラインにもどる人が多いのです。これではいつまでもポイントを取ることができません。テニスではボレーでポイントを取れる確率が非常に高いのでボレーで得点するパターンを身につけることがレベルアップの近道です。

この練習は、短いボールに対してアプローチショット(ネットに出るための返球)を打ってネットに出て、ボレーで決めるというパターンを身につけることを目的としています。


level_up1ワタシが練習メニューを考える場合、基本練習のときでも、攻めのパターン練習を組み込む。
初級の場合、実際に試合で使う機会が必ずあるわけではないけれど、やはりポイントを取れるパターンというのは押さえておきたいからだ。
つなげておけば勝てる試合ばかりでもないし、ネットプレーが得意でなくてもアプローチで出るというのはかなりのプレシャーを相手にかけることができるからだ。

この練習のおもしろいところは、同じフォアストロークでかなりスイングを変えることだ。
厚いにぎりのストローカーに多いのだが、打った後のフォロースルーが大きいと前に詰められない。
ベースラインでの戦いを前提にしているので、はなっから安定重視のスイングになっちるからだ。

この球出しの2球目を打って前に出るにはスピンドライブの回転を押さえる必要がある。
できればフラット系のパンチショットで相手に構える隙を作らせないほうが望ましい。

こういう練習の背景を話しながらコーチングするのは結構楽しいもんだ。

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします

|

« ノースリーブ(女性テニスウェア) | トップページ | スポ荷台ツ・スター »

テニス」カテゴリの記事

テニス/マイテニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5519807

この記事へのトラックバック一覧です: レベルアップのための練習:

« ノースリーブ(女性テニスウェア) | トップページ | スポ荷台ツ・スター »