« サーブ2000 | トップページ | コミックス/見上げてごらん »

ヒコーキが変えた?プロトーナメント

おなじみジャンボの呼び名で親しまれる、ボーイング747。
初飛行は1969年なので、既に36年。
747SPや最新型747-400。こいつは標準座席で568席。

このジャンボ、が格安チケットをもたらし、一般市民に世界旅行という娯楽、ビジネスマンには世界的視野でのビジネスチャンスをもたらした...ことは周知の歴史の事実。

ball

では、このジャンボがテニスのプロトーナメントにも影響を与えたとすれば?
ただトーナメントのオープン化をしただけでは、世界中のトッププロ選手を集めることはできない。

行くだけで一ヶ月近くかかる、そんな遠征に出るなんてナンセンス。
なら欧州内の選手だけで欧州開催の大会を開いておけばいい。
当然そうなる。

全米しかり全豪しかり。
わざわざ遠くまで暇と時間をかけて試合をする必要があるか?

ここにジャンボが登場する。

わずか半日でアメリカ東海岸と欧州を結ぶ。
オーストラリアだって、ちと遠いものの、欧州から1日だ。

プロトーナメントが大きなイベントとなっていった70年代。
その裏にはジャンボの登場があった...というわけだな。


ball

ranking
この記事Good!! 」という方、1票お願いします。
ランキングの集票を参考に記事のチョイスを行ないます
関連ジャンル:テニス/トッププロ

|

« サーブ2000 | トップページ | コミックス/見上げてごらん »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5071609

この記事へのトラックバック一覧です: ヒコーキが変えた?プロトーナメント:

» 行った事がある州 15州29% [mikan0530]
こんなの見つけた。 じゅりのぶらぶら日記さんより拝借。 create your [続きを読む]

受信: 2005/07/21 午前 04時14分

« サーブ2000 | トップページ | コミックス/見上げてごらん »