« コミックス/見上げてごらん | トップページ | 世界の翼 »

世界の車両から, 中国/ドイツ篇

春以降出張で中国とヨーロッパに仕事で行くことになった。

当然に街並みにも興味があるわけだが、街行く車両にも興味がある。

題して「世界の車両から」。
今日は中国/ドイツ篇。

♪ちゃらんら・らーらーらーらー・ちゃーらぁー

まずは混沌の地、中国は四川省。
街行く車両は小型オートバイが多い。

大きな通りは、今や自転車は多数派とは言えず、経済発展とともにオートバイが増えてきている。
CIMG1098

交通事情はアジアらしく、混乱と喧騒を極める。
まず素人お断り。 旅行者が、フラッっと乗れるような環境ではない。

オートバイはというと、小型級のエンジンながら、やたらとデコレーションが目立つ。
フロントの風切り板+ナンバーは法規だろうが、ステップボード、リアキャリア、アップマフラー、エンジンガード、わけわからん電飾も多い。見た目がとにかく強烈だ。
CIMG1129
こいつは、工場内駐車場で試した同僚によれば、クラッチすべりまくりで、乗れた代物じゃぁないとか。

中国もやはりアジアなのだな。 オートバイは実用品の延長線上にある。

さて一方のドイツ。
CIMG1435
静かな田舎町とはいえ、油断はできない。
ドイツ人はみなシューマッハか?!と思わせるぐらいクルマを飛ばす。
基本的に運転がうまいのだろうが、タクシーでも企業の営業の人でも、横Gが凄い。
コーナーでそんなに低速ギアで引っ張るなよっっと突っ込むと、「ダイジョーブ、今日は予選だから(^^;」とナイスなジョークで切り返す。

おいおい、ここはニュルブルクリンクなのか?

そのドイツではオートバイは趣味の乗り物。
実用品では絶対ありえない。

そして日本車が多い。
CIMG1439
何気に、ヤマハの新車、MT-01が止まってるんですけど。

Vツイン1600ccの空冷エンジン+チタン製アップマフラーの音色を聞きたかったのだが、あいにくとライダーは近くにおらず。

ドイツもまた、おそるべしの国である。
bike

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします

|

« コミックス/見上げてごらん | トップページ | 世界の翼 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5098459

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の車両から, 中国/ドイツ篇:

« コミックス/見上げてごらん | トップページ | 世界の翼 »