« エナン優勝!(全仏速報) | トップページ | ナダルの時間,メルシー♪ »

交通事故の危険予測

全仏もほぼ終了ということで、久々にオートバイの話題を行きましょう。

今日は愛車スポスタ883で、軽く郊外を1時間ほど流しました。
その帰り道に、交通事故直後の模様を目撃し、思ったこと。

 ■ 交通事故は、誰にでも平等に、しかも突然に訪れる

自分の場合。
オートバイとクルマ、運転するときの緊張感はまるで違う。

クルマの場合は音楽も聴けるし、同乗者と会話もできる。
カーナビなんかもあったり。

実は、そんなことより本質的なことが違う。
堅い殻に囲まれている安心感。

オートバイは、自分の身体を剥き出しにして、ときに100km以上で走る。
事故に遭遇すれば、自分の身体に対する その被害はクルマの比ではない。
乗らない人が「オートバイはアブない」と言うは当然なのだ。実際に大きなリスクを持っている。

だからこそ、オートバイ乗りは運転における危険予測が発達していると言われている。
事故で痛いのは自分なのだ。
たとえ自分が100%悪くない もらい事故のようなケースであっても。

--
今日目撃した事故は、どうやら軽トラと自転車の少年の接触。
更にもう1台の軽が、事故になんらかの関係がありそう。

交通事故は、誰にでも平等に、しかも突然に訪れる。

ベテランドライバーとはいえ油断はできない。
みんなが交通ルールを守るとは限らない。

そして、クルマやオートバイを運転するリスクとは、ある日突然他者を傷つける 走る凶器となり得るということ。
バイクは250kg、クルマは1トン半。
その危険性は、重量の倍数。


bike

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 スポーツブログへMyBlogList

|

« エナン優勝!(全仏速報) | トップページ | ナダルの時間,メルシー♪ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4428524

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故の危険予測:

» No.214 No More Accident~9月23日という日~ [NPO法人NMA]
浅川@NMAです。 私たちNMAは、交通事故軽減(No More Accident)活動の団体です。そしてNPO化する以前の歴史の方が遙かに長いのですが、NPO化するにあたってのプランニングをしたスタッフに、「仙波 学」という者がいました。 過去形なのは、故人となったためです。逝... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 午後 04時25分

« エナン優勝!(全仏速報) | トップページ | ナダルの時間,メルシー♪ »