« ミスキナの深いフトコロ | トップページ | ノーシードon女子ベスト16 »

シャラポワ木っ端微塵

シャラポワは同門のカラタンチェバを木っ端微塵に打ち砕いた。
6-0,6-1のわずか46分の試合。

Sharapova Devastates Sesil on ウィンブルドン公式

 (Devastates ・・・ 打ちのめす)

ビーナスも破り全仏ベスト8に入った、期待の15歳、カラタンチェバ。
シャラポワと同じテニスアカデミーで学ぶ、いわば同門。

速攻で敗れたカラタンチェバの目には涙?もみえたとか。
この悔しさを糧に、這い上がるのだ!

Match Statistics データで見る試合結果

シャラポワのサーブはまだ本調子じゃないみたいだ。
が、それを差し引いても、なんとカラタンチェバ、サーブの球速がシャラポワを上回る114 MPHを記録。

大器の片鱗か。

おっと!NHK総合でこの試合の録画が始まった。見なければ。


ball

ranking
この記事Good!! 」という方、1票お願いします。
ランキングの上下を参考に記事のチョイスを行ってます
関連ジャンル:テニス/トッププロ

|

« ミスキナの深いフトコロ | トップページ | ノーシードon女子ベスト16 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

カラタンチェバ、相当可愛いですね。

シャラポワとは、また違う感じが。

投稿: TickTack | 2005/06/27 午前 12時07分

先輩後輩の対決は、呆気ない物になってしまいましたね。
カラタンチェバは、

「練習試合をキャンセルされた仮を返してやるっ!っ」

て息巻いていた様ですが、フタを開けてみれば、部活で言うところのOGにコテンパンにされる後輩って感じ(年齢的に)。
あそこまでの力の差は予想外でしたね。
木っ端微塵と言うか一蹴とゆーか、シャラボワは、気持ち良く勝ち上がったなって感じでした。

総合で、ハンチュコワ戦をやってくれるのが待ち遠しい……。

投稿: 水無月 | 2005/06/24 午後 02時37分

カラたん♪ … (ノ∀`)ぁあ 

投稿: 総長 | 2005/06/24 午前 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4681229

この記事へのトラックバック一覧です: シャラポワ木っ端微塵:

» シャラポワ de 101.2dB  … '05全英テニスウインブルドン [▼総長のBLOG powered by 湘南(爆)テニス族]
セレスからのアノ叫び問題!? … 測定数値は凄んごいYOッ♪w … (*´∇`*)ハァハァヾ(^^ ) ▼シャラポワのうなり声は規制すべきか | Excite エキサイト : ニュース [ロンドン 22日 ロイター]  ウインブルドンの審判、アラン・ミルズさんは、騒音公害にもうウンザ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 午前 12時21分

» コンフェデレーション杯  … 日本vs.ブラジル 2-2!GJ♪ [▼総長のBLOG powered by 湘南(爆)テニス族]
起きれませんでした … (i◇i)ヾ(^^ ) … 0-0じゃなくて3-2 2−2なのが … (・∀・) グッジョブ♪ ▼日本、ブラジルと分け4強入りならず=大黒が同点弾―コンフェデ(差替)/ コンフェデレーションズカップ livedoor スポーツ   【ケルン(ドイツ)22日】サッカ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 午前 04時25分

» ウィンブルドン2回戦(女子) カラテンチェワ vs シャラポワ [naoの日記]
     カラテンチェワ(ブルガリア)  0   1(2) シャラポワ    (ロシア)      6   6貫禄勝ちですな。売り出し中の15歳カラテンチェワにたいして、18歳のシャラポワが前回大会優勝者の貫禄を見せつけました。カラテンチェワが1ゲームとった時の、ちょっとうるうるしたうれしそうな顔が印象的でした。スタンドも試合が進む... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 午前 09時38分

» シャラポワ15歳を一蹴 [水無月のテニス日記]
女子シングルス2回戦、 シャラポワ−カラタンチェバ 十代対決は、 6−0 6−1 で、シャラポワの圧勝となった。 第1セット、シャラポワのサーブで始まった第1ゲームのみカラタンチェバの強さを予感させたが(ここで流れが出来てしまった感じ……)、 デュースにな..... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 午後 02時39分

» 【テニス】波乱の一方で・・・ [足立区民の雑感blog ver.2]
結局、ヘンマンもナダルも粘ることができずに2回戦で姿を消すこととなりました。。ヘンマンがこんな早いラウンドで消えるとは誰が予想したでしょうか??ナダルはまだ芝のコートで戦える力がなかったということでしょうね。来年はまた怖い存在として成長して帰ってくることでしょう... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 午前 12時25分

« ミスキナの深いフトコロ | トップページ | ノーシードon女子ベスト16 »