« エース前田選手! | トップページ | ハーレーに学ぶビジネス書 »

旅々オートバイ

たとえば、夕日の海岸線。
たとえば、北の露天風呂。

そんなオビが付いている。
この本を表現するには、ぴったりのコピーかもしれない。

「旅々オートバイ」著者:素樹文生

著者がプロの物書きになる前に、オートバイとともに旅した日本一周。

読んでみると、内容や展開が かなりBlogに近い。
各キーワード毎に数ページで読みきる感じ。

そのページとページの間に話題の関連性は無い。
ただ、その内容は、いかにもオートバイ乗りの感性だ。

美しい夕日に息をのみ、夕暮れに停めたエンジンのキンキンという音を聞く。
旅先で出会うライダーと怪談で盛り上がり、ふとした瞬間にかつての恋人を想う。

雨の朝に憂鬱になり、はたまた、各地の料理に舌鼓を打つ。

引き返せない旅地の果て、石垣島の地で、オートバイを置いて台湾行きのフェリーに乗るところで本は終わる。

オートバイ乗りがいつもココロの奥底にある、長い旅への憧憬が、そこにはあるのさ。

bike

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 スポーツブログへMyBlogList

|

« エース前田選手! | トップページ | ハーレーに学ぶビジネス書 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

素樹文生さんを知ったのはMOATONAVI誌に、ちょといかした短編を書いていたから。

題材はCB72。実に渋いチョイス。
http://www.honda.co.jp/memory/CB72/

そんな、素樹文生さん、この本もかなり良いです。
でも既に在庫が、なかなか少ないみたいです。

投稿: TickTack > Gotaro | 2005/06/13 午前 12時51分

これ、良さそうです!
最近オートバイを題材にした小説とか少ないですから!!

投稿: Gotaro | 2005/06/12 午後 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4514735

この記事へのトラックバック一覧です: 旅々オートバイ:

« エース前田選手! | トップページ | ハーレーに学ぶビジネス書 »