« オランダ空港のハエ, 素晴らしきデザイン利用法 | トップページ | すいません。誤報全開。 »

ウッドペッカー・マーク

バイクのヘルメットにマーキングを追加しました。

モチーフは可愛いウッドペッカーで、一見「USJのキャラクター・ステッカー」?と見間違えがちですが、実は航空自衛隊の部隊のシンボルマークなのです。
200505091909000

航空自衛隊 偵察航空隊第501飛行隊の隊章。
ウッドペッカーは古来の「きつつき戦法」に由来し、ウッドペッカーの結んでいる蝶ネクタイは、強い戦士であるとともに、よき社会人でありたいとの希望を表してるとのこと。
だそうです。

--- 関連web ---
ペッカーズ応援団
--------------

世のなか、詳しい方がいらっしゃいます。
偵察専門部隊なので、ファントムⅡ(RF-4EJ)でも火器の代わりにカメラを積んでるそうです。

ワタシはそんな由来も知らず、ただ単にバイクショップ「サイクルワールド」の棚の奥でホコリをかぶっていた、ちょといかしたステッカーを買っただけです。

赤いジェットヘル、モモファイターにはぴったり。

ちょっと「エリア88」の風間シンのマーク(ユニコーン)を意識してます。ジェットだし。

さて、ヘルメットは、年初に施した青いチェッカードパターン+トレードマークということで、もうこれで完成ですが、愛車のスポーツスターはまだまだ。

先月にはMRCクラッチを組み込み、クラッチランプのベアリング軽量化で劇的な効果がありました。

国産並みにクラッチが軽くなり嬉しい限りだったのですが、こうなると逆に気になってきたのが「図太いクラッチレバー&ブレーキレバー」。

ごついマッッチョなアメリカ人に合わせてあるのか、とにかく太い。
イメージとして、レバー”わしづかみ”。

チョンチョンでは奥まで手が回らないので、繊細なクラッチコントロールなどできないのです。

というわけで、なじみの街のバイク屋に、キジマのスマートレバー2本組セット¥13,000を注文しました。

なぜ、ハーレー純正品&ショップに頼まないのか?
答えは簡単、高いから。

純正はレバー一本\15,000とか尋常でない。
おまけに工賃も、とにかく高い。
ハーレーショップは、街のバイク屋の倍はする(クラッチ交換は約7000円ナリ)。

ただし、部品について。
ハーレーは社外品でも高い。
国産のレバーなら1本¥3,000、セットで¥6~7,000円ってとこなんだが、やはり外国車ってことかなぁ..
だいたい値段は2倍ですね。

とはいえ、細いキジマのレバー交換(1週間後の見込み)楽しみ。

関連記事:ハーレーで、握力筋トレ?


bike

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 スポーツブログへMyBlogList

|

« オランダ空港のハエ, 素晴らしきデザイン利用法 | トップページ | すいません。誤報全開。 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4058104

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドペッカー・マーク:

« オランダ空港のハエ, 素晴らしきデザイン利用法 | トップページ | すいません。誤報全開。 »