« 初心者の楽しいゲーム, こだわらないSHOT | トップページ | レバーでダイエット »

ちょい遅めの翼、YS11(いちいち)

先月の中国出張の際に、もはや日本国内ではなかなかお目にかかれない古いボーイングの機体に乗りました。
B737-200とB757-200。いずれも中国国際航空ですが、とにかく狭い。

その出張から帰って3日後のG.W中の帰省時に、立ち寄ったコウノトリ但馬空港。
更にレトロな、プロペラ機であるYS11(ワイエス いちいち)を見かけて、こりゃまたびっくり。
YS11

"展示機"との プレートを見てひと安心。

あざやかなブルーのエアーニッポン(ANK)塗装がとても綺麗です。
残念ながら機体内部の見学はできません。

---- 関連web -------
AIR NIPPON WEB
さよならYS11 エンスーな方の個人web
--------------------

最後の飛翔~エアーニッポンYS11~
2003年8月31日 長年の歴史にピリオド。北海道で最後の飛翔。

北海道で活躍したANK YS-11の機体は2003年を最後に退役したそうです。
国内のYS-11は、鹿児島ベースで活躍する日本エアコミューターのみ。

鉄道博士の異名をもつ櫻井寛氏の情報によれば、合計182機生産された最初で最後の純国産飛行機であるYS-11も余命わずか(長くて2006年いっぱい) だそうです。

機械大好きとしては名残惜しいが、仕事で飛行機乗るとするなら、最新型のB777とかが絶対いい。

==== お知らせ ====

dog < Click me!

ranking
あなたの気になる情報、このblog一覧にきっとあります。

関連ジャンル:旅行

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« 初心者の楽しいゲーム, こだわらないSHOT | トップページ | レバーでダイエット »

旅行」カテゴリの記事

コメント

エアラインスクールとは、パイロット養成学校でしょうか?凄そうですね。

バスみたいといえば、ずいぶん昔に乗った、今は倒産した?スイス航空。

プロペラ機で、たぶんYS-11より小さかった記憶ですが、アルプスを越え、イタリアまで飛びました。
あれはもしかしてDC-3か??怖い記憶です。

投稿: TickTack > うにのり | 2005/05/25 午前 12時08分

DC-10, MD-11の記載を検索中ですが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/DC-10_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

wikipediaによれば、DC-10は最終型であるDC-10-400のみJALに東南アジアおよび国内向けに残っているようです.

J-Birdの愛称もあったMD-11は、ウィングレットはかっこいいのですが、事故などを契機にして昨年10月で全機退役済み。

マクドネル・ダグラス社も既にボーイングに吸収された現在は、もうDC-10も時間の問題かと。

投稿: TickTack > Gotaro | 2005/05/24 午後 11時58分

DC-10いわくつきの機体みたいですね。各社運航状況をみてみたくなりました。

投稿: TickTack携帯 | 2005/05/24 午前 12時07分

DC-10は恐ろしい...なんとなく避けてしまいます。
以前ANKのYS11に乗ったときビックリしました。天井が低くてバスみたいでした。

エールフランスのパリ-ローマ間の飛行機もスゴイ小さくて、Cクラスなのにものすごく圧迫感がありました。エコノミーかよ!って言う感じでした。アレなんだったんだろう...

私は実はエアラインスクールにちょっと行ったことがありますw募集も少ないし、向いてないなと思って挫折しましたが...

投稿: うにのり | 2005/05/23 午後 04時01分

中学の頃はカメラを自転車に積んで伊丹空港へ通ったもので(笑)。
MD-11(DC-10)は格好良いのですが危ないそうです。
この飛行機専門のパイロットが必要らしく、数年前羽田沖にて、手動でニアミス回避をしJALのスチュワーデスが天井に投げ出され亡くなる事故がありましたが、747のパイロットがこれを操縦していたことが発覚して問題になりました。
海外でも操縦性の問題から事故が多いらしく、最近はこの1機種のみを扱う航空会社(FedEx)に各エアラインから売却されているみたいでJALも近年中にそうするみたいです。
う~む、さすがルフトハンザ!レカロですか!!
いっそシートベルトも4点止めにして欲しいですね!!

投稿: Gotaro | 2005/05/22 午後 02時58分

詳しいですね。スポスタだけに留まらない知識に感服いたします。

確かに航空会社毎に使用機材はカスタムされており、おもしろいです。

ドイツのルフトハンザ航空は、同じジャンボB747ストレッチでも、座席がレカロでした。
エコノミーでしたが、固めのHOLD感ばっちりで長旅でも実に疲れません。

投稿: TickTack > Gotaro | 2005/05/21 午後 09時03分

自動車事故で死ぬ確率の方が圧倒的に高いのでしょうが、飛行機っていろいろよけいな心配しますね。
もっとも、最近は機種よりも扱う航空会社をよく調べないと(苦笑)。
767とか777は安心感ありますが、元ダグラス機はちょっと怖いです。DC-10/MD-11は今もっとも危険な欠陥飛行機と言われてますね。電子制御が無ければ絶対に飛べない設計で、なにかの拍子に自動操縦が切れると普通のパイロットの技術ではカバー出来ないとか。
YS-11、懐かしいです。ちょっと前まで伊丹空港に来てたと思うのですが、もう見ませんね。

投稿: Gotaro | 2005/05/21 午後 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4213839

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい遅めの翼、YS11(いちいち):

« 初心者の楽しいゲーム, こだわらないSHOT | トップページ | レバーでダイエット »