« ちょい遅めの翼、YS11(いちいち) | トップページ | パリは燃えているか »

レバーでダイエット

G.W中に注文してました、'04スポーツスター用レバーセット(キジマ製)がバイク屋に入ってきたので、さっそく交換してきました。

太っちょ純正レバーともお別れです。
----- 関連web ------
キジマ ハーレーダビッドソンパーツ
--------------------

◆スリムレバー ニードルベアリング入り
握り易い角度を付けたスリムレバーです。
ベアリング圧入によりガタをなくし円滑な操作が可能です。 アルミヒドロ材 鋳物製
品番:HD-04331
定価:¥13,000(税込:\13,650)

13,000円とありますが、バイク屋さんの力なのかどうか、\8,800で仕入れてくれたので、工賃込みで13,000円で済みました。 ただでさえ国産より相当高いのでありがたいことです。

カタログには、「どのくらい純正と比べてスリムなのか」詳細寸法の記入が無かったので不安でしたが、実物は満足行くスリムさです。

どのくらいスリムかというと、厚み約半分というところです。
純正が幅約20mmとするなら約10mmちょい。

今までは手の指がレバーの裏まで届いてない感じだったのですが、すんなりレバーを1回転してHOLDできるようになりました。
brake

先月入れたMRCクラッチと合わせて、あわせ技一本!という感じで、ようやくクラッチ,ブレーキ操作に違和感が無くなりました。

マッチョなアメリカ人の指とかに合わせるのは、ハーレーの中でもツーリングモデルやソフテイルだけしてもらって、軽量なスポーツスターには最初から標準装備にしてほしいぐらい。

なんて!

 こういうこと考えたりするのが、自分仕様=カスタムの醍醐味ですな。
最初っから、至れり尽くせりでは、軽くて操作しやすいクラッチのありがたみも実感できないわけだし。


==== お知らせ ====

bike < Click me!

ranking
あなたの気になる情報、このblog一覧にきっとあります。


関連記事:ウッドペッカー・マーク(2005/5/9)
ハーレーで、握力筋トレ?(2005/4/11)
趣味を楽しむ環境。(2005/4/4)


bike

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします
にほんブログ村 スポーツブログへMyBlogList

|

« ちょい遅めの翼、YS11(いちいち) | トップページ | パリは燃えているか »

バイク」カテゴリの記事

コメント

>大量生産なのに、アルミ削りだしの小ロット品と変わらないなんて。

今回は納期もそれなりでしたが、やはり数が出ないからかな..と。

ワタシはクルマも輸入車のフォーカスですが、若干パーツは高め。
国産といろいろ互換性がありません。
BMWなんかはもっと高いとか。

レバーやミラーにしても、国産バイクのヤマハ(逆ねじ)以外は、たいがい互換性があるし、インチ系のマイノリティーは、新製品開発してもぜんぜんペイしないんでしょう。

投稿: TickTack > Gotaro | 2005/05/23 午後 12時47分

実は04~のスポーツスターのみ、他のハーレーよりも細めのレバーとグリップが採用されているのですが、まだまだ不十分ですね。
年間かなりの台数が日本で売れるのだから、アジア向けは純正でスリムレバー化すべきと私も思います。
それと、あの値段はおかしいです。レバー1本が1万円するなんて・・・大量生産なのに、アルミ削りだしの小ロット品と変わらないなんて。
バイク購入したときに、必要ないぐらい色々なサービス品を付けるHDJ。だったら国内でレバー作るくらいの事、すればいいのに。。。

投稿: Gotaro | 2005/05/22 午後 03時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4223794

この記事へのトラックバック一覧です: レバーでダイエット:

» ミリ・バーとハンドル廻り [883R]
スポーツスター購入後、すぐにミリ・バー&ヤマハ系スイッチにしました。これでかなり操作系が楽になると同時に、所有する2台のヤマハとの違和感もなくなったワケです。 [続きを読む]

受信: 2005/05/22 午後 03時15分

» スポーツスター [mono->log*netjinsei]
前回、ハーレーとマンション事情でチラッと触れたとおり、結局スポーツスターに買い換... [続きを読む]

受信: 2005/08/23 午前 01時03分

« ちょい遅めの翼、YS11(いちいち) | トップページ | パリは燃えているか »