« テニス。完璧なる調和、悪魔のいたずら。 | トップページ | 15歳のワイルドカード »

西洋美術鑑賞。その知識を欲する。

bansanベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」上下巻を読み終わりました。

一気に読める作品で展開もなかなかおもしろいものでした。

画像は、作中でも大きな意味を持つ、ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」。

この小説はキリスト教を縦軸にしているのはもちろんですが、横軸に西洋美術も編みこんでいます。

西洋絵画を鑑賞するには予備知識を要します。
技法や作者はもちろんですが、宗教的知識の背景が分からないと、絵画鑑賞も表面をなでたに過ぎないのではないでしょうか。

例えば、「最後の晩餐」についてもキリストと弟子たちを描き、かつ裏切り者が弟子の中に居ることを示す場面である...ということを知らなければ、ただのぼやけた巨大な壁画に過ぎません。

実際に絵画に興味を持つ前の中学生のワタシはその程度でしたが。

ツアーなどでヨーロッパを旅して、日程に組み込まれ並ばずに見た美術館の、なかでも一番の有名作品をさらっと見学しただけでは、美術館の楽しさは十分味わえません。

朝早くに起きて、一般客として窓口に並び、見たい絵画の前でココロゆくまでじっと鑑賞する。
いいですねー、またヨーロッパの美術館に行きたいものです。


ところで、ダ・ヴィンチその人については、あまり信心深くなかったどころか、生活の糧である宗教画を書きながら、実は異教的なモチーフをたくさんその作品に忍び込ませたことが以前より知られている..と「ダ・ヴィンチ・コード」では書かれています。 この本、ストーリーや暗号のプロットより、こっちの話がおもしろい。

====お知らせ====

ranking
あなたの気になる情報、このblog一覧にきっとあります。

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« テニス。完璧なる調和、悪魔のいたずら。 | トップページ | 15歳のワイルドカード »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/3315151

この記事へのトラックバック一覧です: 西洋美術鑑賞。その知識を欲する。:

» たまにはゆったりと [うにろぐ uni log]
なでなでinルーブル美術館 「うにはいいこねぇ」なんて...嗚呼 一昨年行った写真ですwすごい像なんでしょうが、ふざけちゃいけないなぁ、自分 今日は天... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 午後 02時15分

« テニス。完璧なる調和、悪魔のいたずら。 | トップページ | 15歳のワイルドカード »