« マッケンロー; 人生は一つの学習過程 | トップページ | サフィーナ優勝 in パリ, 2005サフィン家躍進 »

ガスオープン棄権続出 = 2004東レPPO

パリ・ガスオープン棄権続出は、まるで2004東レPPOのプレイバックのようです.

パリ・ガスオープンでシャラポワに続いてセレナも棄権しました.
よく見ると、この大会で棄権はこの二人だけに留まりません.

セレナに不戦勝のサフィーナ(ロシア)は準決勝進出ですが、その相手であるゴロバンはもっと凄い.

準々決勝の相手のS・ファリーナ=エリアは試合中に故障で棄権.
本来はその前にシャラポワと対戦するはずが、シャラポワは試合の前に早々に棄権し、補欠出場のS・マミッチを撃破しての勝ち上がり.

当初のドローでセレナ-シャラポワになるはずの黄金カードが....
なぜか、サフィーナ.vs.ゴロバンに.

----------
セリーナが棄権―フランス・ガス・オープン on "tennis365.net"
----------

この棄権続きのトーナメントはいつか見た光景.
そう昨年の2004 東レPPO.

優勝は今年はケガに泣いたダベンポートでした.
決勝も絶好調で相手の棄権で勝ち上がってきたマレーバを6-4,6-1.

ビーナス(1シード)は準々決勝でルビン戦の当日、足の故障で棄権.
そのチャンダ・ルビン(5シード)も準決勝マレーバ戦を戦わずして棄権.

棄権ではないものの、ドキッチは3回戦まで絶好調も、準決勝で足の故障でダベンポートに完敗.
杉山愛はマレーバとの2回戦の前日に38度5分の発熱し、よろよろで試合.
----------
東レ・パン・パシフィックオープンテニストーナメント2004 on "ハイパーテニスインフォメーション"
----------

前から言われている通り、真夏のオーストラリアの暑い気候の中から,真冬で寒い日本/ヨーロッパへの気温差との戦いは怪我をかかえながら戦っている選手にとっては相当つらいもの.

そして全豪後の2月は、毎年のように選手のケガ、棄権のニュースが飛び込んできます.
いかに過酷なツアーか..ということでしょうか.

ball

ranking
スポストステラを応援する! 」という方、クリックをお願いします。

|

« マッケンロー; 人生は一つの学習過程 | トップページ | サフィーナ優勝 in パリ, 2005サフィン家躍進 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5486563

この記事へのトラックバック一覧です: ガスオープン棄権続出 = 2004東レPPO:

« マッケンロー; 人生は一つの学習過程 | トップページ | サフィーナ優勝 in パリ, 2005サフィン家躍進 »