« シャラポワ、「また日本に来ます」 | トップページ | 中村藍子選手 WTA99位登場 »

シングル4試合目の攻防..錯覚シリーズその13

市民大会やクラブ主催のテニストーナメントは一日で4~5試合程度をこなさなければなりません。

心理戦(錯覚シリーズ)
もちろんトーナメントであれば負けたら、「ハイ、ソコマデヨー」なのです。
しかし うれしいことに、試合に勝ち残ってる場合は十分なインターバルもなく、次々と試合を入れられてしまいます。

必然的に1試合目、2試合目と順を追うごとに相手は強くなっていきます。
そしてミスが減り、手強くなっていきます。

緊張もほぐれた2~3試合目ぐらいは一番調子いいですよね。
身体もよく動き、狙った展開でポイントも取れます。
相手も同様のため、締まった試合展開になってくることが多いです。

ところがここに落とし穴あり。
気持ちよく試合ができるから気づいてないのですが、着実に身体は疲れてきています。

学生とは違って、週末プレーヤーそんなに足腰鍛えているわけではありません。

そう、足がつるのです。このあたりから。
それも唐突に。

インターバルが無いと身体が冷える前に試合が続くので、気持ちは入っている。
そんなときにジャンプやハイボレーの処理で、足がピキっと来る。

さぁ、逆に狙っていこうではないですか。TKO勝ち。

草トーでも夕方まで勝ち残っている人は、慎重でまずミスが少ない。
普通に打っていたんでは、なかなかポイントが取れないもの。

慎重だということは逆にハイボールをイッパツでは決めてこない。
やや浮き球であっても、上、下、前、後ろ、足腰に負担をかけるショットで、狙うは相手の足腰です。

自分がコレをくらわないように、試合展開には気をつけて。


dog < Click me!

==== お知らせ ====

ranking
あなたの気になる情報、テニス上達のツボ、このblog一覧にきっとあります。

関連ジャンル:テニス/心理戦

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« シャラポワ、「また日本に来ます」 | トップページ | 中村藍子選手 WTA99位登場 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4187807

この記事へのトラックバック一覧です: シングル4試合目の攻防..錯覚シリーズその13:

« シャラポワ、「また日本に来ます」 | トップページ | 中村藍子選手 WTA99位登場 »