« 杉山、初戦敗退=オーストラリア・ハードコート選手権 | トップページ | 紙上最強シリーズNo.2 『LOVE』石渡治について »

誌上最強のチーム・オールスター.S1:岡ひろみ, S2:松本広海

テニスの最強メンバーを選抜するとしたら?(新春特別編)

中学、高校、地区選抜、プロ、いろいろなカテゴリーでそれぞれ最強があると思います。
今回は新春特別企画「誌上最強」である、マンガ雑誌選抜で最強を選んでみました。

まずは、この人、日本を代表するテニスプレーヤー、岡ひろみ(『エースをねらえ!
by山本鈴美香).この漫画に関しては説明はいらないでしょう。
漫画を見てテニスを始めたって人も多いのではないでしょうか。

'80年代、忘れてはならない、飛鷹翔(『テニスボーイ』by小谷憲一) ツインビームという大技も炸裂しました. 同時代では松本広海(通称ヒロ)(『フィフティーンラブ』』by塀内夏子)
もウィンブルドン優勝で実績十分。

新しいところ'00年代では、越前リョーマ(『テニスの王子様』by許斐剛). アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持ち、天才少年と呼ばれるリョーマが、青学テニス部で活躍する話です.最近、"覚醒"というスーパーサイ○人技を覚えました。
 対抗馬は、伊出延久(『しゃにむにGO』by羅川真里茂)でしょうか。

[誌上最強のチーム]案
S1:岡ひろみ (『エースをねらえ!』by山本鈴美香)
S2:松本広海 (『フィフティーンラブ』by塀内夏子)
S3:越前リョーマ(『テニスの王子様』by許斐剛)
D1:海野幸 (『Happy!』by浦沢直樹)
   高樹愛 (『LOVE』by石渡治)
D2:飛鷹翔 (『テニスボーイ』by小谷憲一)
狭間武偉 (『燃えるV』by島本和彦)
レギュラー:
伊出延久 (『しゃにむにGO』by羅川真里茂)
飯島大樹 (『一生!(KAZUO)』by太田垣康男)

ベンチ;
古賀大志 (『少年よラケットを抱け』byちばてつや)
槇さおり (『スマッシュをきめろ!』by志賀公江)
滝田留宇衣 (『しゃにむにGO』by羅川真里茂)
  榎本尊 (『青春タイブレーク!』松崎晴臣)
神無月純 (『Cコート』by 安彦良和)
“赤い弾丸”佳山大介 (『ステイゴールド』by 大島司)
コーチ;
宗方コーチ (『エースをねらえ!』by山本鈴美香).
部長; 手塚国光 (『テニスの王子様』by許斐剛)

--
今回は渾身の力作、新春特別編!'70-00年代まで網羅しています.

昨年末にジャンプで選手復帰した手塚を選手として使いたいところですが、大石に勝ったとはいえ故障あがりなので今回はコーチです。

さぁ、抜けてる作品の支持者の方、コメント,トレースバックをよろしくお願いします(^^)。
--
====お知らせ====

ranking
人気ランキング参加中.クリックで1票加算されるとともにリンク表示されます。
応援のポチっとな! よろしくお願いします。

関連ジャンル:アニメ・コミック

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。.
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« 杉山、初戦敗退=オーストラリア・ハードコート選手権 | トップページ | 紙上最強シリーズNo.2 『LOVE』石渡治について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/3940169

この記事へのトラックバック一覧です: 誌上最強のチーム・オールスター.S1:岡ひろみ, S2:松本広海:

» フィード・フォワード [球バカ日誌]
テニス題材にした漫画って結構ありますよね。 その中でもテニスボーイは秀逸です。主人公がツインビームで手首いためるあたりが… あれは爽やかなスポコンでした。 [続きを読む]

受信: 2005/07/05 午後 04時16分

« 杉山、初戦敗退=オーストラリア・ハードコート選手権 | トップページ | 紙上最強シリーズNo.2 『LOVE』石渡治について »