« 全豪: 藍子inセンターコート 2-6,4-6 VS.モリク(10) | トップページ | 冬テニ in 極寒 »

180kmキックサービスに立ち向かう勇気 / Go藍子

予選から勝ち上がり、一回戦突破で好調の世界ランク132位の中村藍子選手.迎えるは世界ランク12位,地元オーストラリアのアリシア・モリク選手.
全豪シングル2回戦が、当地のメインイベントとしてナイトセッションに組み込まれました.

みなさん、おまちかね中村藍子選手のブログが更新されました.

中村藍子「テニス遠征日記」

モリック選手のパワーはすごかったです。負けずに絶対自分のプレーをしようって思ってました。なかなか最後までモリック選手に自分のプレーをさせてもらえなく、結果は残念な結果に終わってしまいましたが、この大勢の観客の中でプレーできて私のテニスをみていただけて本当に楽しい全豪オープンでした。
相手のモリク選手は身長182cmに対して藍子選手は19cm低い163cm.
体格を生かしてスピンサーブとキックサーブのサーブでガンガン攻めくる相手に対し、観客の度肝を抜くステップイン・リターン.

財団法人 日本テニス協会 メルマガより.

中村はリターンのとき、大きく前にステップインしてスプリットステップを行った。キックサーブの上がり際を捕らえようというのだ。ラケットをはじかれるシーンもあったが、中村は終始、そのステップインを続けた。
後方で守備に徹するだけでは勝てない、相手がいくらビッグサーバーでも、リターンから主導権を握っていこう、そんな中村の積極性が伝わってきた。
このステップインは、より攻撃的に戦おうとする中村のボディランゲージのようだった。
逃げずに立ち向かい戦う姿、感動的です.

残念な結果だなんてとんでもない.われわれは勇気をもらえました.ありがとう、藍子選手.

ball

ranking
スポルトステラ頑張れ! という、応援クリックをお願いします

|

« 全豪: 藍子inセンターコート 2-6,4-6 VS.モリク(10) | トップページ | 冬テニ in 極寒 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/トッププロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/5623508

この記事へのトラックバック一覧です: 180kmキックサービスに立ち向かう勇気 / Go藍子:

« 全豪: 藍子inセンターコート 2-6,4-6 VS.モリク(10) | トップページ | 冬テニ in 極寒 »