« ワナにはめるのが非常に上手い選手?! | トップページ | イザワ・クリスマス 増田健太郎 べスト8 »

サーブが速すぎて取れないときは..錯覚シリーズ8

以前にシリーズで書いていた、テニスの試合における錯覚シリーズですが、実は紙面の関係上削ったネタがいくつかあるので、機会を見て紹介していこうと思います。

心理戦(錯覚シリーズ)

"サーブが速すぎて取れない"

試合でよくあるパターンです。
でも相手もプロじゃないんだから、正確無比な取れない強力サーブを持っているわけじゃないのです。
特に我々アマチュアで高速サーブを軸に組み立ててくる選手は、意外にもろさも内在させているもの。

話は単純です。
サーブが速いだけなら、後ろに下がれば取れます。

「そんなバカな、それじゃコース狙われちゃうよ」
そうです.ビッグサーバーにコースを狙わせるのが、この戦略のキモです。
バックネットまで思い切り後退してやりましょう。

彼らはサーブが速いわけですから、普段あまりコースを狙わなくてもエースが取れます。
練習でも、まさかレシーバーが後退して構える練習してることはまれでしょう。

それを試合で突然目にすれば、考えます. 色気出して「ゆるい短いサーブ狙ってやれ」

...いつも通りサーブが打てるわけないです。 そんなん練習してへんのやから。

これで高速サーブ封じ、さらにロブボンバー作戦、相手のコートのど真ん中に垂直落下型ミサイルを打ちまくる。
これに、リターンダッシュと意外性のある戦略を組み合わせていけば、意外に相手がミスるもんです。

高速サーブを軸にしてる選手に得意の高速サーブを気持ちよく打たせなければ、試合はこっちのものです。

むしろ、やっかいなのは回転系サーブでコースを突いてくる選手.こちらはひと筋縄ではいきません

====お知らせ====

ranking
あなたの気になる情報、このblog一覧にきっとあります。

関連ジャンル:テニス

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« ワナにはめるのが非常に上手い選手?! | トップページ | イザワ・クリスマス 増田健太郎 べスト8 »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4114996

この記事へのトラックバック一覧です: サーブが速すぎて取れないときは..錯覚シリーズ8:

« ワナにはめるのが非常に上手い選手?! | トップページ | イザワ・クリスマス 増田健太郎 べスト8 »