« 錯覚と戦略 その0 錯覚の利用と戦略 | トップページ | 錯覚と戦略 錯覚その2 "相手がゆるいストロークだからネットに攻めちゃえ" »

錯覚と戦略 錯覚その 1 "人間の視覚には穴がある"

錯覚 1 "人間の視覚には穴がある"

昆虫はじめ下等動物の視覚は角速度に反応しやすいです.つまり、相手の目と当方とを結んだ線に対して直角的な左右の動きのほうが、前後の動きより感じやすいということです。

進化した人間の視覚とはいえ、動体視力の点では昆虫と大きな差はありません。
左右の動きには強いのですが、比較して前後の動きに対しては鈍いと言えます。

田舎の十字路で、クルマがお互い見えているのになぜか衝突するのはこれが原因です。

 テニスで例えれば、相手がサーブのトス後に1ステップ前進、リターン後のネットダッシュをワンテンポ速めることが可能ですが、サーバー側は相手が打ってからのネットダッシュが驚くほど速いと錯覚してくれます。

また、いわゆるシコラーはベースライン後方にポジションを取って一見全て拾っているように見えますが、下がっているのだから取れて当然. 逆にネット際は捨てていることに気づきましょう。

また上下の大きな揺さぶりは眼球運動で捉えることができず首を動かず必要があります。
超天井ロブ攻撃+ネットダッシュなどは視界から自分を消し去る一瞬の盲点をうまく狙っています。"
人間の視覚には穴がある"ことをよく覚えておきましょう。

====お知らせ====

ranking
あなたの気になる情報、このblog一覧にきっとあります。

関連ジャンル:テニス

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« 錯覚と戦略 その0 錯覚の利用と戦略 | トップページ | 錯覚と戦略 錯覚その2 "相手がゆるいストロークだからネットに攻めちゃえ" »

テニス」カテゴリの記事

テニス/心理戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4101584

この記事へのトラックバック一覧です: 錯覚と戦略 錯覚その 1 "人間の視覚には穴がある":

« 錯覚と戦略 その0 錯覚の利用と戦略 | トップページ | 錯覚と戦略 錯覚その2 "相手がゆるいストロークだからネットに攻めちゃえ" »