« ジュニアの教え方 | トップページ | テニスと雨 (合宿'04) »

プロ野球の将来像

ひとまずプロ野球スト回避&来期も12球団の見込み大...ということでひとまず安堵.
しかし、古田選手の言う通り、大変なのはこれから、これは始まりに過ぎない.

社会人野球からみた球界再編 志太勤・シダックス会長に聞く
を読んだ.
シダックスの会長の意見だが、金銭面で野球チームの運営について参考になる.

---

 「社会人チームでも年間四、五億円の費用がかかる。社員をリストラしたのに、野球部を残したらシビアな株主が納得しない。ウチは野村克也監督のおかげで、マスコミ露出が多く宣伝費として費用対効果が成り立っている」

「球界全体を経済的に成り立たせていくことが重要だ。一リーグ制を実現させ、プロに社会人チームを加えた三部リーグ制にしてはどうか」

「プロ二軍でも年間十億-十五億円の費用がかかる。プロ球団は数球団以外は赤字で、選手の減俸を考えるべきだ。」

「二部以下のチームが利潤を挙げるアイデアは、優秀な選手を育成して、一部チームに売るシステムにする。一部チームから試合に出られない選手を受け入れて育成する方法もある。二部でも優秀な指導者のもとで、試合出場機会を得れば実力はアップする」

「2リーグ制ではもはや経営ムリ。セ・リーグ各球団には巨人戦放映権料だけで年間二十五億円も入る。阪神を中心にセ球団が一リーグ制に反対しているが、自己の利益しか考えていない。経営者感覚でみれば、年間四十億円の赤字を垂れ流す近鉄が球団を投げ出すのは当然で、もはや二リーグは経営的に成り立たない」

---
結局金銭面でパリーグは成り立たないというのが持論のようだ.

実力的に阪神の二軍を上回る戦力を持つシダックスや三菱ふそう,東芝府中,NTTなどを加えてプロニ軍級と東西地域に分かれて新リーグというのは現実感がある.
資金面で魅力のある大阪ガス,東京ガス,東京ガス,各電力会社,JT,JR各社,東京三菱銀行,はたまた民営化を目指す郵便事業や地方自治体連合の参入等もおもしろいのではなかろうか.

ではコミッショナーはMLBマリナーズオーナーのひとつである任天堂の元会長、山内氏にお願いしましょうか.
コミッショナーは元プロ野球選手ではなく、MLB球団経営にからんだ経験のある人のほうが実業家のほうが向いてる気がします

==== お知らせ ====
ranking
テニスのいいネタblogあります

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。.
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« ジュニアの教え方 | トップページ | テニスと雨 (合宿'04) »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4056881

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の将来像:

« ジュニアの教え方 | トップページ | テニスと雨 (合宿'04) »