« プロ野球のスト (その1) | トップページ | プロ野球パリーグ5チーム制と横浜FC »

プロ野球のスト (その2)

今日は同じスポーツということで、テニスではなくプロ野球のストの話題.

プロテニスが個人商店とするなら、さしずめプロ野球は大きな株式会社.
規模も集客も大会期間も桁違い.安定した利益を生み出すことが求められる.

今回の経営側の合併の原因は明らか.
「今のままでは赤字垂れ流し, 黒字の見込みがたたない」こと.

選手会側は、新球団の手もあがったことから、
「1年間の合併延期,もしくは新球団が来年から参加するのを許可する」こと.

経営側だって、今まで全く努力してこなかったわけじゃぁない.
ボールパーク構想,天然芝,花火,駅でのPR,イベント実施.
しかし観客動員そのものは伸びているものの、一気に黒字とはいかない.
これじゃ、1年合併延期はまた赤字を垂れ流すだけで、一刻も早く支出(出口)を絞りたくもなる.

ちょっと待て.それで工夫は精一杯か?

ファンは何を望んでいるのか?
実力伯仲の手に汗握る好ゲームを望んでいる.
ピッチャーノックアウト,バッター凡打の山,試合は早々の大差でボロボロ.そんな試合誰が見に行く?
選手にできることもあるんじゃない.
Jリーグでやってる「期限付きレンタル移籍」.ルールをちょっと変える必要あるけど、金満チームにはパリーグでレギュラー張れる選手,DHで行ける選手がゴロゴロいるんとちゃいますか?
長期的にはドラフト改革やFAの見直しも必要ではあるが、まずはこれが早いでしょ.

即効的に利益をあげたいなら関連グッズ販売.12球団一括でユニクロでもどこでもアパレルと組んで、しゃれた一般人でもほしくなるグッズ販売を大々的に手がけては?
メジャーMLBやNBAグッズはとってもおしゃれですよ.

選手もがんがん活用して、地域の大型商業地域に週末ごとに駆り出せば集客力抜群.
下手なタレント呼んでくるよりよっぽどいい.企業の行事にも選手を駆り出す.
その場でグッズ販売,チケット割引,見返りに商業施設,企業でガンガン、プロ野球のPRを打ってもらう.社会人撤退企業ではかわりにプロ野球を応援してもらう.
(実は商業施設PRは福岡でダイエーが実践済み,効果絶大ドームはいつも満杯)

いい大人が角突き合わせて、工夫しなさいっての.
集客力抜群のディズニーランドだって、たゆまぬ努力をして、あの人手なんだからね.

==== お知らせ ====
ranking
テニスのいいネタblogあります

また、検索エンジンで来られた方、当Blogトップはこちらです。.
スポルト・ステラ (Sport Stella)

|

« プロ野球のスト (その1) | トップページ | プロ野球パリーグ5チーム制と横浜FC »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75139/4056741

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球のスト (その2):

« プロ野球のスト (その1) | トップページ | プロ野球パリーグ5チーム制と横浜FC »